FX初心者が最初に知っておきたい専門用語

    どうも、音無です。

    FXに興味があって挑戦しようとするも、「専門用語がよくわからない…」と悩む人は多いようです。

    私もFXを始めた当初はまさにその状態でして、専門サイトや本を読んで勉強をしていました。

    ただ、FXは奥が深くて専門用語が多いんですよ。

    なので、「一体何から覚えればいいんだ…」なんてこともしばしば…。

    FX初心者が最初の壁にあたる問題ですね。

    そこで、私の経験をもとに、FX初心者が最初に知っておきたい専門用語についてご紹介をしていこうと思います。

    FXを始める上での基礎となる用語をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    目次

    FXとは

    「そもそもFXってなに?」と疑問に思うかもしれないので簡単にご説明すると、「Foreign Exchange」の略称です。

    日本語にすると「外国為替」を意味するのですが、異なる2つの通貨を交換することで利益を得る投資方法ですね。

    「米ドル/円」「ユーロ/円」「英ポンド/円」など、2国間の通貨を売買して利益を出すことができるように投資を行います。

    例えば「米ドル/円」を取引するとして、1ドルが100円の時に買い、その後1ドルが110円まで上がった時に売ると10円の利益が出ます。

    これを「為替差益」と言って、FXはこうした為替差益を狙って利益ができるように取引をするんですよ。

    ちなみに、1ドル100円の時に買って90円で売るとマイナス10円の損が出たことを意味するので、これは「為替差損」と言います。

    「買い」と「売り」のどちらでも取引はできるのですが、要は利益が出るように為替差益を狙う投資がFXです。

    FX初心者が取引前に押さえるべき専門用語

    冒頭でも少し触れましたが、FXに関する専門用語は意外と多いです。

    流石にすべてを覚えようとすると大変なので、FX初心者が取引をする上で最初に押さえておきたい専門用語を15個ご紹介していきます。

    大きな失敗や慌てるなどの行動を未然に防ぐことにつなげることができるので、この機会にぜひ覚えておくこと推奨です。

    チャート

    為替相場の値動きをグラフで表したものが「チャート」です。

    チャートを見ることで通貨の値動きを分析、又は取引を行うのでなくてはならないものですね。

    例えば、チャートをみて値動きが上に向かっているのであれば上昇相場のトレンドと認識できるので、「買い」で取引を行い利益を狙います。

    反対に、値動きが下に向かっている場合は下降相場のトレンドと認識できるので、「売り」で取引を行い利益を狙う感じです。

    とは言え、値動きの変動幅が大きかったり一定の値幅を上下に変動(レンジ相場)で推移することもあるので、よく分析して取引する必要があります。

    ローソク足

    「ローソク足」とは江戸時代に日本で開発されたもので、形が「ローソク」に似ていることから名付けられたそうです。

    FXの売買において、チャートを分析するにはローソク足の存在は欠かせません。

    ローソク足には「月足」「週足」「日足」があり、さらに「4時間足」「1時間足」「5分足」など、この他にもありますよ。

    なお、いずれのローソク足も「始値」「終値」「高値」「安値」で表します。

    あわせて読みたい
    FX初心者が覚えておきたいローソク足の基本 どうも、音無です。 FX取引で利益を狙うときですが、チャート画面に「ローソク足」を表示させて相場状況を確認しているトレーダーはとても多いです。 もちろん私もロー...

    通貨ペア

    通貨ペアとは「2国間の通貨の組み合わせ」を指します。

    例えば米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円などが2国間の通貨ペアになるのですが、基本的に「USD/JPY」「EUR/JPY」「GBP/JPY」と英語で表記されていますよ。

    この他にも豪ドル/円、ユーロ/米ドル、トルコリラ/円、スイスフラン/円、ユーロ/豪ドルなど、様々な国の通貨ペアがあります。

    ちなみに、FX初心者が始めて売買を行う通貨ペアとして、米ドル/円(USD/JPY)を推奨しているサイトや本が多いですね。

    米ドル/円は世界的に売買を行う人が多いので値動きがあり、また値幅が大きく乱高下する可能性が少ないことが主な理由だといえます。

    あわせて読みたい
    FX初心者におすすめな通貨ペアとは?【特徴を知る】 どうも、音無です。 FXで取引を行うときですが、「通貨ペア」は必ず決めなければいけません。 当然ながら、通貨ペアを選ばなければ取引自体ができませんし、何よりそれ...

    通貨単位

    通貨単位とは文字通りなのですが、「通貨の単位」のことを指します。

    日本円で表すと、1通貨単位は1円のことですね。

    FXでは1000通貨単位、1万通貨単位、10万通貨単位といったように、取引をする最小単位として使われることが多いです。

    基本的には1万通貨にて取引をする人が多いのですが、FX初心者でもリスクを抑えて取引しやすいように1000通貨に設定しているFX会社も増えてきています。

    FX会社によって最小通貨単位は異なるので、事前にどの通貨単位で売買するべきかをよく考えてから口座を開設することが重要です。

    Lot(ロット)

    Lotとは、FXで取引をする際の「通貨量の単位」を表す言葉ですね。

    具体的には1ロット、5ロット、10ロットなどと表現します。

    なお、1ロット=1万通貨としている証券会社が多いのですが、近年はリスクを抑えて取引できるように1000通貨や100通貨を最低取引単位としている証券会社も増えてきました。

    1000通貨や100通貨であれば数千円から取引ができるので、大きな利益は期待できない反面、多大な損を被ることを防いでくれます。

    なので、FX初心者の方にとっては比較的手軽に始めることのできるメリットがありますよ。

    あわせて読みたい
    FX初心者が知っておきたいロットの仕組みを解説 どうも、音無です。 FXで取引をするときですが、ロット(Lot)について悩む初心者の方は意外と多いようです。 例えば「1ロットはいくら?」、「どれくらいのロット数が...

    レバレッジ

    レバレッジとは「てこの原理」のことで、少ない資金で大きな取引を行うことができるようになります。

    例えば、1ドルが100円の場合、1万ドルを買うには本来「100万円」を用意しなければいけません。

    このとき、FXはレバレッジをかけることができるので、取引額と同じ資金を用意することなく何倍もの金額の取引をすることができるようになります。

    なお、日本国内のFX会社はレバレッジが「最大25倍」と制限されていますよ。

    これは、少ない資金で大きな利益を狙える半面、大きな損失を被る可能性も高いからです。

    FX初心者がいきなり高いレバレッジをかけても損失を被る可能性が高いですからね。

    そのため、日本国内においては法令でレバレッジは最大25倍までと制限されています。

    ちなみに、海外のFX会社であれば100倍、400倍、800倍とった高レバレッジをかけることが可能です。

    ただ、先ほどお伝えした通りで、高いレバレッジをかけると少ない資金で何倍もの金額の取引ができて大きな利益を狙えますが、その分大きな損失を被る可能性も一緒に高くなります。

    なので、「高いレバレッジ=リスクも大きくなる」ことを理解したうえで取引することが大切です。

    あわせて読みたい
    FX初心者が知っておきたいレバレッジの仕組み どうも、音無です。 FXで取引をするとき、「レバレッジ」の言葉を耳にする機会は多いと思います。 ただ、レバレッジの言葉を耳にする機会はあっても、いまいち意味を理...

    スプレッド

    スプレッドとは「通貨を買う」、または「通貨を売る」時の「値段の差」のことを指します。

    例えば、「外国為替市場は1ドル=110円55銭から56銭の間で取引されています」といったニュース番組を見たことはあると思います。

    このとき、110円「55銭から56銭」を確認すると、1銭の差額が生じていることがわかりますよね。

    つまり、この差額がスプレッドのことです。

    なお、スプレッドの差額はFX会社の利益となっています。

    もしスプレッドの差が広いと証券会社に高い手数料を支払うことになるので、利用者からしてみればできるだけスプレッドの狭い証券会社を選んだ方が有利ではありますよ。

    pips(ピップス・ピプス)

    pipsとは「ピップス」「ピプス」と読み、外貨取引を行う際に使われる「通貨の最小単位」を意味します。

    複数(2以上)であればpipsが使われ、1の場合はpipを使いますよ。

    例えば、米ドル/円の場合は1pip=0.01円(1銭)と表します。

    10pips=0.1円(10銭)、100pips=1円(100銭)ですね。

    なお、ユーロ/ドルや英ポンド/ドルなどの対米ドル通貨であれば、1pip=0.0001ドル(0.01セント)、10pips=0.001ドル(0.1セント)、100pips=0.01ドル(1セント)と決まっています。

    通貨ペアによってpipsは異なるのですが、FX初心者はまずメジャー通貨となる米ドル/円から徐々に覚えていくことがおすすめです。

    ロング・ショート

    FXにおいてロングとは通貨を「買う」ことを意味し、ショートは通貨を「売る」ことを指して使われています。

    また、「ロングしている」や「ショートしている」と表現する人もいるのですが、これは買い又は売りで取引を行い、その後も取引を終えることなく継続して保有している状況のことを指しますよ。

    FXを始めると、自然と使うことになる言葉ですね。

    成行注文

    成行注文とは、現在チャートに表示されている値動きを見て通貨を買い、又は売りの注文をする方法ですね。

    リアルタイムで表示されているチャートの状況から判断して注文をする方法なので、あなたが「ここで取引をしたい!」と思ったときにすぐ反映することのできるメリットがありますよ。

    ちなみに、FX会社によってはクイック注文、リアルタイム注文と表現されています。

    この他、注文方法には指値注文、逆指値注文、IFD注文、OCO注文、トレール注文などの方法もあるのですが、これらはFXに慣れてから実践することがおすすめです。

    どれも特殊な注文方法なので、FX初心者はまずリアルタイムでチャートに表示されている値動きを確認しながら成行注文を行うと、大きな失敗を極力防ぎつつFXを学ぶことができるようになるはずです。

    あわせて読みたい
    FX初心者が行う取引での注文方法【まずは基本を習得】 どうも、音無です。 FXを始める人の多くは利益を期待してのことですが、取引を行う上で必ずすることの一つが「注文」です。 「上昇トレンドだから買いでエントリー」、...

    ポジション

    ポジションとは新規で注文をした後、決済することなく「保有した状態」のことを指して使われる言葉です。

    例えば、ロング・ショートでご紹介をした「ロングしている」や「ショートしている」と表現する人がいるのですが、これがまさにポジションを意味しています。

    利食い・損切り

    利食いとは利益の出ているポジションを決済し、利益を確定させることを意味して使われています。

    「利確」と表現することもありますよ。

    一方で、損切りとは含み損を抱えているポジションを決済することを指して用いられています。

    なお、FXから退場する人の多くは含み損を抱えたポジションを損切りできず、さらに大きな含み損を被ってのことが大概です。

    私も損切りに躊躇して大きな含み損を被り投資した資金を失ったことがあるのですが、いかに早く損切りするべきかどうかを判断して取引を行うことが重要です。

    あわせて読みたい
    FX初心者が大損を防ぐためにする損切りのタイミング どうも、音無です。 FXで取引をするとき、誰もが経験することの一つが「損切り」です。 FX初心者に限らず、どれだけ利益を出していたり有名な投資家であっても、損切り...

    証拠金

    証拠金とは取引を行う上で、FX会社や証券会社に預けるお金のことを指します。

    例えばFX会社に証拠金として10万円を入金すると、「純資産」や「資金」などの表示欄に「100,000円」と記載されます。

    つまり、預けた証拠金の範囲内でFXにおけるすべての取引を行うことになるわけです。

    ロスカット

    ロスカットとは、保有しているポジションが含み損を抱えている状態にあり、一定の水準まで含み損が増えると「強制的にポジションを決済する仕組み」のことを指します。

    ロスカットが発動する水準はFX会社によって異なるのですが、基本的に国内FXでは「証拠金維持率が50%以下」で、海外FXでは「20%以下」になると強制的に決済される場合が多いですね。

    もし証拠金以上の含み損となると大きな損失を被ることになるので、トレーダーが借金を背負うことを防ぐためにロスカットが設けられているんですよ。

    本来は自らの意思で損切りを行うことが大切なのですが、FX初心者の多くは「待っていればいつか打開できる!」と考えポジションを保有し続ける傾向にあります。

    そして含み損が大きくなり強制的にロスカットが発動して損益が確定されてしまうという…。

    私も何回かあるのですが、ロスカットされると証拠金は大きく減少するので、よく見極めて損切りすることが重要です。

    あわせて読みたい
    FX初心者が破産しないために意識するべきこと どうも、音無です。 FXで取引をする人の多くは、基本的に一攫千金やお小遣い稼ぎを目的としているのだと思いますが、あなたはどうでしょうか? ちなみに、私もFXで取引...

    スワップポイント

    スワップポイントとは、通貨取引をした際に2国間の金利差によって生まれる差額のことを指します。

    例えば、低金利の通貨で高金利の通貨を買って保有し続けると利益となり、反対に高金利の通貨で低金利の通貨を買って保有し続けると、含み損となりお金を支払う必要があります。

    例:トルコ「金利18.00%」・日本「金利-0.10%」
    18.00%--0.10%=18.10% 金利差18.1%の利益
    -01.0%-18.00%=-18.10% 金利差-18.1%の支払い

    かつてはスワップポイント目当てにFXを始める人も多くいたそうですが、リーマンショック以降はスワップポイントもほとんどつかなくなり、現在においてはオマケに過ぎません。

    FXはレバレッジをかけた取引なので、初心者が長期的にポジションを保有し続けることは大きなリスクとなりかねないので、正直おすすめはできないところですね。

    FX初心者は市販の本でも専門用語を学べる

    あなたがFX初心者として専門用語をしっかり勉強するのであれば、市販で販売されている本を購入することでも学ぶことは可能です。

    例えば、あなたが住む地域にある本屋、あるいはAmazonなどのネットショップで初心者向けのFX本を検索すると、たくさんの入門書が販売されています。

    初心者向けのFX本にもよりますが、基本的に最低限知っておきたい専門用語だけでなく、取引のポイントや注目すべき経済指標などの情報を詳しく解説していますよ。

    なお、初心者向けのFX本は多数存在するため、どれを選べばいいのかと迷うかもしれません。

    そうしたとき、私がFX初心者の頃に勉強していた入門書にはなるのですが、以下の記事でご紹介していますので参考にしてみてください。

    あわせて読みたい
    初心者におすすめなFX本4冊【基礎を学びトレード】 どうも、音無です。 近年、お小遣いを稼ぐ目的や家計の足しにと考え、FXを始める人が増えてきているようです。 ただ、FXは簡単に始めることができる一方で、利益を出す...

    FX初心者は取引の基礎となる専門用語を知り始める

    今回は、FX初心者が最初に知っておきたい専門用語についてご紹介をしてきました。

    もちろん、本記事内でご紹介をしていないFXに関する専門用語は他にもたくさんあります。

    ただ、最初からすべてを覚えることはとても難しいので、とりあえず上述でお伝えした専門用語を覚えたのち、実際に取引してみることがおすすめですね。

    そうすることで、大きな失敗や問題が発生しても対処できる行動を取れるはずです。

    なので、まずは基礎となる専門用語を知ることから始めてみてください。

    それでは、今回はこれで以上です。

    あわせて読みたい
    初心者にも人気ある海外のFX口座XM情報【特徴を解説】 どうも、音無です。 近年、FXを始める人が増えているようですが、実際に取引をするためにはFX口座を開設しなければいけません。 このとき、国内のFX会社から選ぶ人もい...
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる