初心者におすすめなFX本4冊【基礎を学びトレード】

    当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

    どうも、音無です。

    近年、お小遣いや家計の足しになどを目的に、FXを始める人が増えているようです。

    しかし、FXは気軽に始めることができる一方で、利益を出すことはそう簡単なものではありません。

    FXの知識がない初心者の方が闇雲に取引しても、損失を被るリスクの方が非常に大きいのが実情です。

    なお、私もFXを始めた当初は、利益を出すどころか損失ばかり被っていました。

    そのため、まずはFXの基本的な知識を身につけてから、取引することが重要です。

    このとき、ネットで検索しながらFXの勉強をすることも可能ですが、情報量が多すぎることも関係し、非効率となることもあります。

    そこで今回、私がFXの初心者の頃に独学したおすすめな入門本を4冊ご紹介します。

    目次

    FX初心者におすすめする入門本4冊

    初心者の方におすすめなFX本について、ネットで検索したり書店で探すとたくさんの本が見つかります。

    そのため、どの本を購入すればいいのか迷ってしまう人は結構多いです。

    私がFXの初心者の頃、10冊以上の本を一気に購入して勉強し、結局内容をうまく理解できなくて失敗ばかりしていました。

    そこで、まずは以下で紹介している4冊のFX本を参考にしてみてください。

    初心者の方でも、理解しやすいようにまとめられているので、必要な知識を身につけることができるはずです。

    なお、実際に手に取って勉強するのは、紹介している順番通りが私のおすすめです。

    一番売れてる月刊マネー誌ZAiが作った「FX」入門 改訂版

    ■FX初心者に優しい入門書

    最初にご紹介する本は、累計26万部のベストセラーで、マネー誌の「ダイヤモンドZAi」とFXトレーダー「羊飼い」氏のコラボによって出版されたFX入門書です。

    イラストや図を交えながら、初心者の方でも理解できるようにFXの基礎が書かれています。

    例えば、トレードの心構え、チャートの見方、相場の分析方法など、FXをする上で必要な知識を得ることができます。

    現在、FXで活躍されている多くの人が手に取り、勉強に励んだ本としても有名なので、FX初心者におすすめです。

    なお、私は様々なFX本を購入し勉強をしてきましたが、正直この1冊を読むだけで、初心者の方は大概のことが理解できると思います。

    FXチャートリーディング マスターブック

    ■FXのテクニカル分析を学べる入門書

    大手銀行にて、為替・債券のディーリング業務及び、チーフリーダーとして活躍した実績を持つ、「井上 義教」氏が書き記した、チャートの分析方法や移動平均線について学べるFX本です。

    ローソク足から相場の流れを読み取る方法や、実践的なトレード手法についても知ることができます。

    FX初心者の方でも、理解しやすいように解説していますが、少々難しい部分があるところも。

    そのため、まずは上述でご紹介をした、「一番売れてる月刊マネー誌ZAiが作った「FX」入門 改訂版」を一通り勉強してから、手に取り読むことがおすすめです。

    デイトレード

    ■FXトレーダーとしての心構えやメンタルを学べる哲学本

    トレードの手法についてではなく、FXトレーダーとして利益を出し成功するための心構え、そしてメンタル面について書かれた一冊です。

    FXトレーダーとして、成功するための必要条件などが記されているので、どのように相場と立ち向かい利益を出して生き残ることができるのかを学ぶことができます。

    デイトレードの本は、FX初心者がトレードを始める上で役立つ情報が書かれていますが、ある程度トレードを重ねて中級者以上となった時に、再び読み返す一冊としてもおすすめです。

    パターンを覚えるだけで勝率7割超!FXチャートの読み方

    ■値動きのパターンを学べる一冊

    ローソク足から値動きを読み取り、どのパターンで取引するべきかを学ぶことのできる一冊です。

    ローソク足の変化から、次の一手を読み取る手法を、オールカラーの図を通して詳しく解説しています。

    ローソク足から値動きを読み取ることができれば、勝率も格段とアップするので、FX初心者の方にもおすすめできる本です。

    しかし、ある程度FXの知識を身につけてからでないと理解しにくい部分が結構あるので、まずは基礎的なことを学んでから手に取ることをおすすめします。

    まとめ:FX初心者は本を読みつつ実際にトレードを行う

    FX本を購入し、まずは一通り読んでから、再度読みつつ実際にトレードを始めることが重要です。

    実際のところ、FX初心者が本を読んだだけで、FXの基礎を理解することはほとんどできません。

    例えば、車の免許を取ろうとしたとき、自動車教習所で座学だけを勉強しても、車の運転はうまくできないと思います。

    車の運転をすることで、知ることのできる感覚的なこともあるので、ただ本を読んで理解しようとするのではなく、実際に学んだことを振り返り実践することが大切です。

    本を何回も読むことはとても大切なことですが、読んで理解しようとするだけではただのノウハウコレクターにしかなりません。

    FXも同じで、本を購入したら最初は目を通して最後まで読み、2回目を読み直すときは、トレードを行いながら再度勉強をしてみてください。

    こうした行動を繰り返すことで、FXの基礎が身につきトレードに慣れることができます。

    それでは、今回はこれで以上です。

    あわせて読みたい
    初心者にも人気ある海外のFX口座XM情報【特徴を解説】 どうも、音無です。 FX取引を行いたい場合、実際に取引をするためにはFX口座を開設しなければいけません。 このとき、国内のFX業者から選ぶ人もいますが、近年は海外のF...
    • URLをコピーしました!
    目次