FX初心者が覚えておきたいローソク足の基本

    どうも、音無です。

    FX取引で利益を狙うときですが、チャート画面に「ローソク足」を表示させて相場状況を確認しているトレーダーはとても多いです。

    もちろん私もローソク足を表示させて、相場の動きを確認しつつ取引していますよ。

    ローソク足はシンプルな形でありながら、一目見ただけで現在の相場の流れを理解しやすいですからね。

    ただ、FXを始めたばかりの初心者の方は、ローソク足をどのように活用して利益を狙えばよいのかと悩まれているかもしれません。

    流石にローソク足の基本的な活用方法を理解していないと、ただの当てずっぽうな取引をしてしまうことになるので大変です…。

    そこで今回は、FX初心者が覚えておきたいローソク足の基本について解説をしていきます。

    目次

    FXのローソク足とは?

    ローソク足とは相場の値動きを示すチャートのことで、FXや株式などの投資でよく使われています。

    ローソク足は江戸時代に日本で考案されたそうで、世界的にも愛用者は多いです。

    なお、英語では「キャンドルチャート」と呼ばれていますよ。

    一定期間の相場の値動き(始値、終値、高値、安値)を1本のローソク足に表されるので、一目で現在の値動きを確認できることが特徴ですね。

    相場の確認や分析をする上で欠かせないと言っても過言ではない、分析ツールの一つです。

    FX初心者が覚えておきたいローソク足の基本的な見方

    早速、FX初心者が覚えておきたいローソク足の基本的な見方についてですが、上記画像を参考にすると分かりやすいと思います。

    ローソク足は、一定期間における相場の4本値(始値、終値、高値、安値)を四角形(実体)に表して、価格を示したものです。

    上下に伸びている線は「ヒゲ」と呼ばれていて、「一定期間内にここまで価格が動いてきたよ」と最高値と最安値を示しています。

    なお、最終的には「終値」がローソク足1本の最終価格ですよ。

    例えば、ローソク足1本が1時間分であると考え、結果が陽線だったとします。

    8時に始値から始まって一時的に安値の方へ価格が動くも、再び始値まで価格が上昇。

    その後、価格はどんどん上昇して高値まで動いたところで徐々に下がり始め、8時59分59秒のときに終値で価格が止まる。

    これが1時間におけるローソク足1本の価格の流れですね。

    ローソク足が1本できるまでの値動き

    上記画像はローソク足の1本ができるまでの、値動きをイメージしたチャートです。

    時間の経過とともに上下へ価格変動をして、最終的には陽線や陰線のローソク足が形成されます。

    ローソク足は時間足の変更によって見方を変えられる

    ローソク足は一定期間の値動きを表しているのですが、実は時間軸を変更することも可能です。

    具体的には、「時間足」の項目がどのFX会社の取引ツールにも用意されているのですが、時間足でさまざまな時間軸に切り替えることができます。

    例えば日足であれば1日に1本、4時間足であれば4時間に1本、5分足なら5分に1本ローソク足が形成されますよ。

    FXトレーダーのトレードスタイルによって確認する時間軸は異なるのですが、FX初心者もさまざまな時間足に変更してローソク足の値動きを分析し、取引することが大切です。

    あわせて読みたい
    FX初心者はどの時間足を見ればいい?【取引手法で決める】 どうも、音無です。 FXで利益を狙うときですが、初心者の方はどの時間足を見て注文するべきかと悩むことが結構多いようです。 確かに私もFXを始めたときはよくわからな...

    FX初心者はローソク足の並び方で相場の動きを捉える

    上述では、FX初心者が覚えておきたいローソク足の基本的な見方についてご紹介しましたが、それを踏まえた上で値動きの推移をつかむ必要があります。

    例えば以下の3つです。

    • 上昇トレンド
    • 下降トレンド
    • レンジ相場

    それぞれを詳しくご説明していきます。

    上昇トレンド

    まずは「上昇トレンド」です。

    ローソク足の1本1本を確認すると、徐々に高くなっているのがわかると思います。

    一気に高くならずに山と谷を作りながら上を目指しているわけですが、これが上昇トレンドですね。

    つまり、ローソク足が高くなっていくことを確認できるので、更に上昇することを予想して「買いでエントリー」すると、大きな利益を期待することができます。

    下降トレンド

    次は「下降トレンド」になります。

    下降トレンドは上昇トレンドの反対で、段々とローソク足が下へ推移していることがわかりますね。

    時折ローソク足が上昇している部分も見受けられますが、下がる力の方が強いのでどんどん下へ推移しています。

    そのため、更に下がることを予想し、「売りでエントリー」すると大きな利益を期待することができるわけです。

    レンジ相場

    最後は「レンジ相場」です。

    レンジ相場とは、一定の変動幅で価格が上がったり下がったりを何度も繰り返すことを指します。

    上昇と下降を一定幅で推移しているので、買いと売りのどちらでエントリーするべきかを判断できない動きです。

    そのため、FX初心者は含み損を抱えるリスクを避けるためにも、自分にとってわかる値動きをするまではエントリーしない方が無難ですね。

    ローソク足の形状から相場が反転する可能性を分析できる

    ローソク足をチャートへ表示させることで、現在の相場は上昇トレンドなのか、あるいは下降トレンドやレンジ相場なのかを一目で確認することができます。

    ただ、それ以外にも、ローソク足から今後の値動きを予想できるような判断材料を手に入れることができますよ。

    具体的な内容は以下でご紹介していきます。

    上ヒゲ・下ヒゲが長い

    上記画像を確認してみると、ローソク足に長いヒゲがあることを確認できると思います。

    ちなみに、画像をタップすると大きくなりますよ。

    こうしたローソク足から長いヒゲが確認できると、「トレンド相場が反転」する可能性があるんです。

    例えば、左画像は上昇トレンド中でしたが、一番高い場所に形成されたローソク足には上に長いヒゲができています。

    更なる上昇を試みるも下がる圧力の方が強かったので、押し負けたということですね。

    つまり、近々価格が下がる、もしくは下降トレンドへ転換する可能性を予想できるわけです。

    なお、下降トレンドの場合も考え方は同じで、下降トレンド中に長いヒゲがローソク足の下にできると、近く上昇トレンドへ転換する可能性があるかもしれないことを予想することができます。

    そのため、FX初心者は長いヒゲができたローソク足を確認した場合、トレンドが転換することを予想してエントリーすると、大きな利益を得られることもあります。

    大陽線・大陰線も注意が必要

    上昇トレンドや下降トレンド中などで、明らかに今までのローソク足とは異なる長い陽線や陰線が形成された場合は注意です。

    例えば、上記の左画像は下降トレンド中でしたが、急に長い陽線が形成されています。

    こうした長いローソク足を「大陽線」、もしくは「大陰線」と呼ばれています。

    大陽線や大陰線のローソク足が形成されると、近くトレンドが反転する可能性があるので、ぜひ注目してみてください。

    FX初心者はローソク足と一緒に移動平均線を使うと流れを捉えやすい

    FX初心者が取引をするとき、ローソク足から相場の状況を確認することはとても大事です。

    ただ、更に今後の値動きを詳しく分析するためには、過去の値動きからトレンドやパターンを把握する「テクニカル分析」をすることも重要です。

    テクニカル分析の方法もたくさんあるのですが、まずFX初心者は「移動平均線」を使って今後の値動きを分析しみるのが良いかもしれません。

    例えばですが、上記画像は移動平均線を利用した、王道的なポジションの持ち方です。

    短期移動平均線が長期移動平均線を下から上へ突き抜けることを「ゴールデンクロス」。

    短期移動平均線が長期移動平均線を上から下へ突き抜けることを「デッドクロス」と言います。

    要約すると、短期移動平均線が長期移動平均線を突き抜けたときにポジションを持つと、大きな利益を期待できる取引手法と言うことですね。

    しかし、期待していた方向とは反対に値動きする「ダマシ」もよくあるので、注意してエントリーする必要がありますよ。

    なお、移動平均線については以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

    あわせて読みたい
    FX初心者が知る基本的な移動平均線の使い方 どうも、音無です。 FXで取引をするとき、チャート上に移動平均線を表示して相場の動きを分析するFXトレーダーはたくさんいます。 チャート上に表示することで簡単に値...

    FX初心者が覚えておきたいローソク足の基本のまとめ

    今回は、FX初心者が覚えておきたいローソク足の基本について解説をしていきました。

    ローソク足をチャートに表示させると、一目でおおよその相場の値動き状況を確認することができます。

    また、ローソク足からトレンド転換を見極めたり、テクニカル分析を使用してエントリーチャンスを見つけることも可能です。

    なので、この機会にローソク足の基本をマスターすること推奨です。

    それでは、今回はこれで以上です。

    あわせて読みたい
    初心者にも人気ある海外のFX口座XM情報【特徴を解説】 どうも、音無です。 近年、FXを始める人が増えているようですが、実際に取引をするためにはFX口座を開設しなければいけません。 このとき、国内のFX会社から選ぶ人もい...
    • URLをコピーしました!
    目次