FX初心者におすすめな通貨ペアとは?【特徴を知る】

    どうも、音無です。

    FXで取引を行うときですが、「通貨ペア」は必ず決めなければいけません。

    当然ながら、通貨ペアを選ばなければ取引自体ができませんし、何よりそれぞれ流動性が異なるので、適当に選ぶと大きなリスクが伴うからです。

    ただ、通貨ペアはたくさんあるので、FXを始めたばかりの初心者はどれがいいのかと悩む傾向にあります。

    私自身もFXを始めた当初は通貨ペアの多さから、どれで取引すればいいのかと悩みました。

    そこで今回は、FX初心者に向けておすすめな通貨ペアの選び方について、詳しく解説をしていこうと思います。

    目次

    通貨ペアとは

    まず、通貨ペアとは何かと言うと、「2国間の通貨の組み合わせ」のことを指します。

    例えば上記画像のように、「米ドル/円」「ユーロ/米ドル」「英ポンド/豪ドル」などの組み合わせが通貨ペアですね。

    こうした通貨ペアを選んでから利益を狙い、「買う」・「売る」などの外貨取引を行います。

    基軸通貨と決済通貨

    FX取引を行う際、USD/JPY(米ドル/円)やEUR/USD(ユーロ/米ドル)などの通貨ペアを選ぶことから始めます。

    このとき、通貨ペアは「/」で区切られているのですが、これは左側が「基軸通貨」、右側を「決済通貨」と呼びます。

    具体的には、左側の通貨(基軸通貨)を取引するために、右側の通貨(決済通貨)で売り買いする仕組みです。

    「米ドル/円」の通貨ペアを取引するのであれば、「米ドルを買って円を売る」、もしくは「米ドルを売って円を買う」の取引ができる仕組みですね。

    つまり、「米ドル/円」が100円の時の取引において、1米ドルを買うと100円を支払い、1米ドルを売ると100円を得る考え方となります。

    メジャー通貨とマイナー通貨

    メジャー通貨マイナー通貨
    米ドル(USD)トルコリラ(TRY)
    日本円(JPY)メキシコペソ(MXN)
    ユーロ(EUR)南アフリカランド(ZAR)
    英ポンド(GBP)ブラジルレアル(BRL)
    豪ドル(AUD)中国人民元(CNY)
    カナダドル(CAD)インドルピー(INR)
    スイスフラン(CHF)スウェーデン(SEK)

    FXで取引を行うとき、様々な国の通貨から選ぶことができます。

    このとき、国の通貨によって流通量と信用度にも大きな差があるんです。

    例えば、世界的に流通量が多く信用度の高い通貨を「メジャー通貨」、反対に流通量が少なく信用度もそれほど高くはない通貨を「マイナー通貨」とFXでは呼ばれています。

    具体的な違いとして、メジャー通貨は流通量と信用度が高いため、取引コストとなる売値と買値の差(スプレッド)を狭く設定しているFX会社が多く、有利に取引することができます。

    一方で、マイナー通貨は流通量と信用度がそれほど高くはないので、取引量と流動性が低くスプレッドの差が基本的に広いです。

    つまり、国が発行する通貨としての価値と流通量、そして価格が不安定なほどマイナー通貨に該当します。

    そのため、FX初心者が通貨ペアを選ぶときは、メジャー通貨から選ぶことがポイントです。

    メジャー通貨であれば取引コストを抑えることができますし、急激な値動きの変動に巻き込まれるリスクも一緒に抑えることができます。

    FX初心者が通貨ペアを選ぶ際のおすすめな手法

    ここまでの内容を参考に、FX初心者が取引する通貨ペアはどのように選ぶべきなのでしょうか。

    この疑問について、通貨ペアを選ぶ際のおすすめな手法を下記でご紹介していきます。

    取引量の多い通貨ペアから選ぶ

    通貨ペアシェア(%)
    EUR/USD(ユーロ/米ドル)24.0
    USD/JPY(米ドル/円)13.2
    GBP/USD(英ポンド/米ドル)9.6
    AUD/USD(豪ドル/米ドル)5.4
    USD/CAD(米ドル/カナダドル)4.4
    USD/CNY(米ドル/中国人民元)4.1
    USD/CHF(米ドル/スイスフラン)3.5
    参考:BIS 2019年4月の外国為替取引高

    上記は国際決済銀行(BIS)が3年毎に調査している、為替取引量に関するデータの一部を参考に私がまとめたものです。

    2019年に発表されたデータによると、FX市場における世界で取引量の最も多い通貨ペアはユーロ/米ドルで、2位に米ドル/円、3位が英ポンド/米ドルでした。

    このデータを参考に、FX初心者が実際に取引する通貨ペアとしては「取引量の多い通貨ペア」を選ぶことです。

    具体的には、先ほどご紹介をしたシェアの多い通貨ペアから選ぶと、安定した取引をしやすい傾向にありますね。

    取引量の多い通貨ペアはそれだけ世界のFXトレーダーから注目されているので、値動きが安定傾向にあるんです。

    みんなが注目しているので情報量も多く、またすぐに情報が伝わりやすいことも、値動きが安定傾向にあることに関係していますよ。

    ただ、取引量の少ない通貨ペアだと突発的な出来事が起きた際、情報量が少ないので値動きが急激に変動するリスクが高く、対応が遅れて大きな損失となりかねません。

    なので、FX初心者は取引量の多い通貨ペアから選ぶと、値動きが急激に変動するリスクも低いので、手を付けやすいという訳です。

    FX初心者はドルストレートの通貨ペアから選ぶとリスクを抑えやすい

    取引量の多い通貨ペアから選ぶとき、更に選択肢を絞るのであれば、「ドルストレート」から選ぶことはおすすめです。

    ドルストレートとは、米ドルと別の通貨を組み合わせた取引を行うことを指します。

    具体的にはUSD/JPY(米ドル/円)、EUR/USD(ユーロ/米ドル)、GBP/USD(英ポンド/米ドル)などです。

    FXにおいてドルストレートは取引量が多く、また値動きも安定傾向にあります。

    そのため、FX初心者は比較的安定した取引をすることができるので、リスクを抑えて利益を狙いやすいという訳です。

    初めて取引をするなら米ドル/円の通貨ペアが対応しやすい

    取引量が多く、ドルストレートの通貨ペアから取引を行うと、FX初心者でも比較的安定した値動きのもと利益を狙いやすい傾向にあります。

    このとき、ドルストレートにも様々な国の通貨があるのですが、もし迷うのであれば「USD/JPY(米ドル/円)」の通貨ペアが、FX初心者にはチャレンジしやすいです。

    世界で最も取引されている通貨ペアはEUR/USD(ユーロ/米ドル)なのですが、日本円が含まれている米ドル/円の方が日本人にとっては馴染みがありますからね。

    それに、米ドル/円も世界の取引量では2位なので、決して取引しにくいわけではありません。

    アメリカと日本の情報は手に入りやすく、取引量も多いのでFX初心者でも安定した値動きの中で利益を狙いやすいです。

    なお、米ドル/円は流動性が高くてスプレッドの差を狭くしているFX会社が多く、また情報も手に入りやすいことから、FX初心者が最初に取引する通貨ペアとしておすすめしている専門書は多いですよ。

    FX初心者におすすめな通貨ペアのまとめ

    今回は、FX初心者におすすめな通貨ペアについてご紹介をしてきました。

    実際にFX初心者が取引をするときは、メジャー通貨のドルストレートから選ぶとリスクを抑えて利益を狙いやすいです。

    このとき、ドルストレートであるUSD/JPY(米ドル/円)の通貨ペアを選ぶと、流動性が高く値動きも安定しているので取引はしやすいですよ。

    ただ、リーマン・ショックやコロナショックのように、世界経済に深刻な影響を及ぼす事件が起きると値動きが激しくなることもあります。

    とは言え、こうした事件が起こるとどの通貨ペアを選んだとしても、FXで取引する以上はリスクが伴います。

    こればかりは事前に察知することができないので、もはや仕方ないですね。

    総合的なまとめとして、世界的に取引量が多く、またスプレッドの差が狭くて情報が手に入りやすい米ドル/円の通貨ペアであれば、平常時は深刻な含み損を被るリスクが少ないので、FX初心者でも取引はしやすいといえます。

    もちろん、米ドル/円以外のメジャー通貨であるドルストレートから選んでもいいので、本記事を参考によく検討して取引してみてください。

    それでは、今回はこれで以上です。

    あわせて読みたい
    初心者にも人気ある海外のFX口座XM情報【特徴を解説】 どうも、音無です。 近年、FXを始める人が増えているようですが、実際に取引をするためにはFX口座を開設しなければいけません。 このとき、国内のFX会社から選ぶ人もい...
    • URLをコピーしました!
    目次