初心者にも人気ある海外のFX口座XM情報【特徴を解説】

    どうも、音無です。

    FX取引を行いたい場合、実際に取引をするためにはFX口座を開設しなければいけません。

    このとき、国内のFX業者から選ぶ人もいますが、近年は海外のFX業者で口座を開設するトレーダーも増えているようです。

    中には、FXを始めようとする初心者の方も、海外のFX業者に魅力を感じて口座を開設する人が増えているとのこと。

    実のところ、私がFXを始めた当初は、国内のFX業者で口座を開設して取引をしていました。

    しかし、今では海外のFX業者を利用し取引をしています。

    具体的には、海外FX業者の「XM Trading」を利用しています。

    もちろん、理由があって利用しているわけですが、もしかするとあなたも「XM」に興味を持っているのかもしれません。

    そこで今回、初心者の方にも人気ある海外のFX口座XMの特徴を解説していきます。

    XM口座の開設を検討されている場合は、参考にしてみてください。

    目次

    初心者にも人気ある海外のFX口座XM

    特徴XM Trading(海外FX口座)
    金融ライセンスセーシェル金融庁
    取引手数料ZERO口座のみ発生
    最低取引単位10通貨
    通貨ペア数57通貨ペア
    平均スプレッド1.6pips(米ドル/円)
    最大レバレッジ888倍
    スキャルピング可能
    ロスカット水準証拠金維持率20%
    追証なし
    ゼロカットシステムを採用
    デモ口座有り
    日本語サポート有り
    取引ツールMT4/MT5
    キャンペーン有り
    ※入金額に応じてボーナス付与
    信託保全欧州の優良銀行にて分別管理

    「XM Trading」について簡単に説明すると、海外FX業者において最大手のFX会社です。

    XMの特徴ですが、「最大レバレッジが888倍」であること、また「ゼロカットシステム」を採用していることです。

    国内FX業者の場合、最大レバレッジが25倍までと制限されている一方で、XMはその約35倍の888倍までと群を抜いています。

    そのため、1万円などの小額からでも大きな利益を期待できる取引が可能です。

    なお、XMはゼロカットシステムを採用しているため、仮に証拠金以上の損失を出しても追証が発生せず、「ゼロにリセット」してくれる魅力があります。

    つまり、仮に資金がマイナスになっても、国内FXのように業者へ不足分のお金を支払う必要もなく、借金に怯えることなく安心して取引できるということです。

    仮に、高いレバレッジをかけてもゼロカットシステムが採用されているため、借金となる追証は発生しません。

    更に魅力的なボーナスもあるので、FX初心者だけでなく専業FXトレーダーからも人気があります。

    FX初心者がXMで口座を開設するメリット

    上述では、海外FX業者のXMについて紹介しました。

    このとき、FXの初心者がXMで口座を開設することに、どのようなメリットがあるのかと疑問に思われているかもしれません。

    この疑問については、以下で紹介をしていきます。

    NDD方式を採用しているためFX業者に取引操作をされる心配がない

    まず、XMの取引方法ですが、「NDD方式(ノンディーリングデスク)」を採用しています。

    NDD方式とは、ディーラー(FX業者)を通さずインターバンク市場へ直接繋いで取引する方法のことです。

    取引する度に、FX業者へ手数料を支払う仕組みとなっています。

    なお、国内のFX業者の多くは「DD方式(ディーリングデスク)」を採用しているため、「投資家⇔ディーラー⇔インターバンク」を通して取引が行われます。

    ちなみに、DD方式では投資家の損失がすべてFX業者の利益となっています。

    取引方法がDD方式であった場合に注意しておくべきとは、為替市場において大きな問題が発生した際には、意図的に操作され取引できないリスクがあることです。

    例えば、過去には「サブプライムショック」「リーマンショック」「コロナショック」などが発生しました。

    このとき、通常ではありえないほど急激に相場が動いたことで、決済ボタンを押させないよう操作されたこともあったとのこと。

    つまり、DD方式を主流に採用している国内FX業者で取引すると、金融危機などが発生した場合は取引操作され、大きな損失を被るリスクがあるということです。

    その点、XMではNDD方式を採用しているので、金融危機などが起きたとしても、取引操作される心配はほぼありません。

    約定力が高い

    XMは「約定力がとても高い」ので、スリッページはほとんど発生しないメリットがあります。

    約定力とは、注文を成立させる力のことを指しますが、つまり希望した通りの価格で注文が通るので、不利な価格で注文が通り損失を被りにくいということです。

    ただし、重大な経済発表の影響で相場が急激に動いた場合は、希望とは異なる価格で注文が執行される可能性は考えられます。

    しかし、XMでは基本的に全注文の99.35%が1秒以下で執行され、注文拒否もないと謳っているので約定力は優れていると言えます。

    最大レバレッジ888倍で取引できる

    XMで取引するメリットの一つと言えば、「最大888倍のレバレッジ」をかけることができる点です。

    レバレッジとは、FX会社に預けた資金以上の金額で取引できる仕組みのことを指しますが、国内のFX業者では通常25倍までと制限されています。

    しかし、XMでは最大888倍までレバレッジをかけることができるので、たとえ少額資金からでも大きな利益を狙った取引ができるわけです。

    そのため、XMはプロのトレーダーやFX初心者からも人気を集めています。

    しかし、「レバレッジが高すぎてリスクが高いのでは?」と不安に思われるかもしれません。

    これは、次の項目で詳しく説明しますが、XMでは「ゼロカットシステム」を採用しているので、資金以上の損失が出た場合も借金をする心配はありません。

    なお、国内のFX業者では、ゼロカットシステムを導入することが金融庁の決まりで禁止されています。

    そのため、仮に国内のFX業者で888倍のレバレッジをかけることができたとしても、追証のリスクが極めて高くなり、無謀としか言えません。

    ゼロカットシステムにより追証の心配なし

    上述で触れましたが、XMでは「ゼロカットシステム」が採用されています。

    資金を上回る損失を被りマイナスとなった場合でも、業者が損失を負担して「ゼロへリセット」してくれるので、借金を背負う心配もありません。

    なお、私がXMで口座を開設した理由の一つが、ゼロカットシステムが採用されていたからです。

    残念ながら、国内のFX業者では、金融庁よりゼロカットが禁止されているため導入されていません。

    そのため、為替相場に影響を及ぼす重大な事件が発生した際は、損切りやFX業者が強制的に決済するロスカットが間に合わずに大損失を被るリスクも考えられます。

    事実、2015年1月15日に発生した「スイスフランショック」では、20分ほどで1000pips以上の激しい値動きが起こり、損切りとロスカットが間に合わなかった事象が発生していました。

    このとき、ロスカットが導入されていない、国内のFX業者で取引をしていたトレーダーの中には、何百万もの追証が発生した人がたくさんいたとのこと。

    それに比べ、スイスフランショック当時のXMでは、しっかりゼロカットが執行されていました。

    そうしたこともあり、XMは信頼性が高く安心して取引できると言えます。

    口座開設ボーナスと入金ボーナス

    XMで口座を開設するだけで、取引ボーナスを受け取ることができます。

    未入金で付与されるので、実際に口座開設ボーナスで取引することも可能です。

    さらに、入金ボーナスも用意されているので、資金に余裕を持った取引ができます。

    例えば、入金ボーナスが5万円まで100%、10万円~230万円まで20%ボーナスなどです。

    私の場合、1万円を振り込んだ際に1万円分のクレジットが付与されました。

    スクロールできます
    入金額適用ボーナス入金ボーナス
    5万円入金に対して100%付与
    5万円×100%=5万円
    5万円
    10万円5万円まで100%+20%付与
    5万円×20%+1万円=6万円
    6万円
    50万円5万円まで100%+20%付与
    45万円×20%+5万円=14万円
    14万円
    100万円5万円まで100%+20%付与
    95万円×20%+5万円=24万円
    24万円
    230万円5万円まで100%+20%付与
    225万円×20%+5万円=50万円
    50万円

    なお、出金額に応じてボーナスは消滅するので注意が必要です。

    取引に応じてポイントが貯まる

    XMでは、「ロイヤリティプログラム」のサービスを用意しており、取引した累計日数に応じてポイントが貯まります。

    貯まったポイントは、取引で使えるクレジットへ交換する、または現金へ交換することも可能です。

    ただし、クレジットと現金では換金率が異なるので、実際のトレードに活かすのであれば、クレジットへ交換した方がお得ではあります。

    上記画像は、私がトレードするごとに貯まったポイントですが、現金よりもクレジットボーナスへの交換がお得なので、一定数貯まるといつもクレジット交換をしています。

    日本語で安心サポート

    XMでは、平日の24時間、日本語でのサポートを受け付けています。

    そのため、英語が分からなくても「メール」、もしくは「日本語ライブチャット」にて対応してもらうことが可能です。

    FX初心者の場合は、疑問点も多いと思うので、日本語でサポートをしてもらえるのは大きな助けとなるはずです。

    FX初心者がXMを利用することで考えられるデメリット

    FXの初心者がXMで口座を開設すると、上述のようなメリットがあります。

    ただし、デメリットもあるため、事前に理解しておくことが重要です。

    具体的には、以下で説明をしていきます。

    スプレッドの幅は広い

    XMを含めて海外FX業者はスプレッドが広く設定されているため、国内FX業者と比べると、どうしても広いと言わざるを得ません。

    国内FXXM(海外FX)
    スプレッド約0.2(米ドル/円)1.6(米ドル/円)

    例えば、米ドル/円で国内FXとXMのスプレッドを比較すると、上記表のようになります。

    スプレッドは広ければ広いほど取引コストが負担となるので、FXトレーダーにとっては狭い方が有利です。

    そのため、スプレッドだけを意識すると、デメリットと感じてしまうかもしれません。

    稼ぐほど税率は高くなる

    XMを含めた海外のFX業者で利益を得た場合、累進課税が適用されます。

    例えば、国内FXでは分離課税が適用されるため、所得に関係なく税率は固定です。

    【国内FX】
    所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%=20.315%

    一方、海外FXでは累進課税が適用されるので、以下のようになります。

    【海外FX】
    所得税5%~45%+住民税10%+復興特別所得税
    ※復興特別所得税=所得税額×2.1%

    つまり、FX初心者が海外FX業者であるXMで稼げば稼ぐほど、税率が上がってしまうので非常にデメリットになるわけです。

    所得税所得税率控除額住民税
    195万円以下0%0円10%
    195万円以上~330万円未満10%9万7,500円10%
    330万円以上~695万円未満20%42万7,500円10%
    695万円以上~900万円未満23%63万6,000円10%
    900万円以上~1800万円未満33%153万6,000円10%
    1800万円以上~4000万円未満40%279万6,000円10%
    4000万円以上45%479万6,000円10%

    ただし、695万円未満であれば、一律20.315%の国内FXとほぼ変わらないので、税率面においてはさほど気にする必要はないかもしれません。

    90日の取引や入金がないと口座が休眠・凍結される

    国内のFX業者でもそうですが、口座の休眠や凍結となるルールが定められています。

    このとき、XMでは以下のルールにより口座の休眠・凍結となるので注意が必要です。

    【90日間の取引・入金・出金がない】
    休眠口座となり全てのボーナス、プロモーションクレジット、XMPは自動的に消失。
    また、毎月5ドルが口座維持の手数料として口座残高から轢かれる。
    【口座残高がゼロで 90日間の取引・入金がない】
    口座が凍結され、再度有効にすることはできない。
    取引する場合は新たに口座を作り直す必要がある。

    上記の通りで、休眠であれば、再度取引や入金をすることで解除できるので安心です。

    しかし、凍結されると新規で口座を開設するしか方法がなくなるので、注意しなければいけません。

    国内FXと海外のXM Tradingの違い

    上述では、FXの初心者が、XMで口座を開設するメリットとデメリットについてご紹介をしました。

    このとき、海外FXのXMと国内FXに、どのような違いがあるのか疑問に思われるかもしれません。

    これについては、以下でそれぞれの違いを比較することができるので、チェックしてみてください。

    スクロールできます
    特徴国内FXXM(海外FX)
    レバレッジ最大25倍最大888倍
    スプレッド狭い広い
    ロスカット水準証拠金維持率50~100%証拠金維持率20%
    安全性・信頼性安全性・信頼性ともに厚い
    日本の金融庁の認可を受けている
    海外の金融ライセンスを取得済
    安全性・信頼性は厚い
    追証追証あり追証なし
    (ゼロカットシステムを採用)
    税金一律20.315%累進課税:15~55%
    (利益が上がるほど税率も上がる)
    損失繰越3年分の損失繰り越しが可能不可
    確定申告給与所得者:年間20万円以上
    非給与所得者:年間38万円以上
    給与所得者:年間20万円以上
    非給与所得者:年間38万円以上
    取引ツールFX会社ごとに異なるMT4/MT5
    取引方式DD方式
    注文はディーラーを通し市場へ
    NDD方式
    注文は直接インターバンク市場へ

    上記のように、国内FXと海外FXのXMにはそれぞれ異なる項目があります。

    例えば、国内のレバレッジは「最大25倍」までと定められていますが、XMでは「最大888倍」までレバレッジをかけることができます。

    また、少ない資金で高いレバレッジかけることができるのも、XMならではの魅力です。

    このとき、「レバレッジが高いと借金をする可能性が高くない?」や「大きな損失を被るのでは?」と、疑問に思われているかもしれません。

    確かに、身の丈に合わない多額のポジションを持ち取引すると、大きな損失を被る可能性はあります。

    しかし、資金管理を徹底すれば、レバレッジの高さはそれほど問題ではありません。

    なにより、レバレッジについてはXMのメリットの項目でもお伝えしましたが、ゼロカットシステムを採用しているため借金を背負うことなく安心です。

    一方で、国内FXでは証拠金以上の損失を被ると追証が発生するため、不足分のお金を支払わなければいけません。

    とはいえ、XMで得た利益は累進課税なので、利益が出るほど税率が上がるなどのデメリットもあります。

    国内であれば、一律20.315%なので、どれだけ利益を得ても一定の税率であるのはメリットと言えます。

    こうした違いが、国内FXと海外FXにはあるため、それぞれを比較してあなたに合った業者でFX口座を開設することが重要です。

    初心者にも人気ある海外のFX口座XMのまとめ

    今回は、初心者にも人気ある海外のFX口座XMの特徴について解説をしました。

    XMの魅力は、少額でも高いレバレッジをかけて取引できる点で、FXの初心者でも大きな利益を比較的狙いやすいと言えます。

    このとき、資金を上回る損失を被っても、ゼロカットシステムががあるため、追証も発生せず借金を背負う心配もありません。

    私自身、XMにこうした魅力があったことから、国内FXから海外FXであるXMに移りました。

    特に、ゼロカットシステムは非常にメリットがあると考えており、為替市場に影響する重大な事件が発生しても、損切りやロスカットが執行されずに追証を負う不安がないのはとても助かっています。

    例えば、過去には「リーマンショック」「スイスフランショック」「コロナショック」などで急激に相場が動き、国内FXを利用していた投資家の中には、巨額の追証が発生した事例もありました。

    追証は、原則支払い義務があるため、逃れることができません。

    それに比べ、XMではゼロカットしてもらえるので、追証に怯える取引をする必要がないわけです。

    もちろん、稼ぐほど税金が高くなるデメリットなどもありますが、そうしたことを含め、国内FXと比べて口座を開設することが重要です。

    本記事を参考に、あなたに合ったFX会社で口座を開設し、利益を狙ったトレードをしてみてください。

    それでは、今回はこれで以上です。

    • URLをコピーしました!
    目次