FX初心者が知っておきたい危険を避けたトレード方法

    どうも、音無です。

    FXに興味があり挑戦するも、危険性を理解していなかったことが原因でお金を失う人は少なくありません。

    私自身、FXを始めた当初は危険性をうまく理解していない状態でトレードを行ったため、10万円の資金が半分ほどまで減り惨敗しました。

    もちろんFX初心者だけに限らず、トレード回数を重ねて知識もある中堅以上のFXトレーダーでも、危険なトレードを行ったがゆえに大きな損失を被り大金を失う人もたくさんいます。

    FXでは利益を得る一方で損を被るリスクもあるため、事前にトレードをすることで起こる可能性のある危険性を理解し、また常に心がけて臨むことが重要です。

    そこで今回は、FX初心者が知っておきたい危険を避けたトレード方法についてご紹介をしていこうと思います。

    FXで利益を狙うための必要な情報をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    目次

    FXでトレードすることは初心者にとって危険?

    そもそも、初心者がFXに手を出すこと自体が危険なことなのでしょうか?

    例えば「素人がFXをしても損をするだけ」や、「初心者がFXに手を出しても借金をする可能性が高いから危険」など、耳にしたり忠告を受けたことのある人は結構多いようです。

    ちなみに、私が初めてFXに興味を持ち会社の同僚や友人に話したところ、上記と同じような内容にて忠告を受けました。

    確かにFXは利益を狙えると同時にリスクが付きまとうので、損をすることや場合によって借金を背負う可能性も否定できません。

    ただし、ここで確認すべきことは、「FXは危険だ!」と忠告をしたり発している人は、「実際にFXの経験があるのか?」ということです。

    実のところ、日本国内においてFXは危険と言う人の多くは、まったくFXの経験と知識のない人である場合が多いです。

    なので、「FXはどういったことが危険なの?」と尋ねても、「損をするだけ」や「借金をする可能性がある」としか基本的に返答が返ってきません。

    もちろんFXの危険性の一つとしては正しいです。

    ただ、具体的にどのような状況になると損をしたり、また借金を背負うことになるのかの仕組みを理解していない人が大概なので、ただただ得た情報をそのまま危険と伝えているだけなのが実情です。

    そのため、FXでトレードをするのであれば起こりうる危険性を独自に勉強して知り、損失を抑え利益を狙うことを意識して臨む姿勢が重要となります。

    そうすることで、FX初心者でも大きな損失に見舞われるリスクを防ぎ、利益を狙ったトレードをすることができるようになるはずです。

    FX初心者によくある危険なトレード

    ここでは、FXにおいて初心者によくある危険なトレードの具体例をご紹介しています。

    私もついついしてしまうことや、中堅以上のFXトレーダーにも該当するトレードの失敗例についてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

    レバレッジを高くしすぎる

    FXでトレードをするとき、レバレッジをかけることで初期資金以上の金額でトレードすることができます。

    例えば、1ドルが100円のときに1万通貨単位のFX会社でトレードをするには、本来100万円の資金を用意しなければいけません。

    このとき、レバレッジをかけることで100万円を用意しなくても、少ない金額でトレードができるわけです。

    具体的には、1ドルが100円のとき10万円の資金からトレードを始める場合は、10倍のレバレッジをかけることで100万円のトレードをしていることと同義になります。

    ただ、10倍のレバレッジをかけてトレードをすると10倍の利益を狙えますが、損失も10倍となるのでハイリスク・ハイリターンの関係となります。

    もし、1ドルが110円の価値になると、1万通貨では110万円の価値となるので「+10万円の利益」です。

    しかし、1ドルが90円の価値になると、1万通貨では90万円の価値になるので「-10万円の損失」が出たことを意味します。

    つまり、当初10万円の資金でトレードをしていたため、-10万円の損失を被るとFX会社よりロスカットが執行されて損失が確定するわけですね。

    こうした高いレバレッジにてトレードをするFX初心者が多いことから、「FXは危険」と言われている傾向にあります。

    そのため、トレードに慣れるまでレバレッジは3倍以下にすれば大きな問題になりにくいはずです。

    要は、身の丈に合う金額のポジション量と資金管理を徹底すれば、たとえレバレッジが高くてもそれほど神経質になる必要はないということです。

    なお、2011年8月に施行された「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」により、日本国内ではFXにかけることのできるレバレッジが「最大25倍」までと義務付けられました。

    これにより、日本国内のFX会社で口座を開設して取引する際は、25倍を超えるレバレッジをかけることはできません。

    ちなみに、海外のFX会社にて口座を開設した場合は、100~1000倍などの大きなレバレッジでトレードすることが可能です。

    あわせて読みたい
    FX初心者が知っておきたいレバレッジの仕組み どうも、音無です。 FXで取引をするとき、「レバレッジ」の言葉を耳にする機会は多いと思います。 ただ、レバレッジの言葉を耳にする機会はあっても、いまいち意味を理...

    複数の通貨ペアでトレードをしている

    FX会社により異なるのですが、大体は20種類ほどの通貨ペアを扱っています。

    このとき、複数の通貨ペアでトレードをすると、FX初心者にとっては大きなリスクとなりかねません。

    例えば、通貨ペアごとに取引量の多さや情報量が異なり、また値動きの変動幅も違います。

    特に取引量の少ないマイナーな通貨ペアでトレードをすると、情報量も少ない上に急激な値動きが起こりやすくFX初心者には危険です。

    そもそも、複数の通貨ペアでトレードを繰り返すと値動きのパターンを覚えにくいので、効率的に利益を狙えません。

    なので、まずは世界的にも取引量と情報量の多い米ドルを軸とした、「ドルストレート」の通貨ペアから多くても3つに抑えてトレードすることをおすすめします。

    特定の通貨ペアでトレードを繰り返すとパターンを覚えやすく、リスクも最小限に抑えることができるはずです。

    なお、USD/JPY(米ドル/円)の通貨ペアは取引量と情報量が多く、値動きも安定傾向にあることから取引しやすいと言えます。

    あわせて読みたい
    FX初心者におすすめな通貨ペアとは?【特徴を知る】 どうも、音無です。 FXで取引を行うときですが、「通貨ペア」は必ず決めなければいけません。 当然ながら、通貨ペアを選ばなければ取引自体ができませんし、何よりそれ...

    ポジションを持ったまま放置する

    FX初心者の多くは限られた時間内でトレードをするため、一度ポジションを持つとそのまま放置する人もいます。

    ただ、考えなしにポジションを持ち続けることは危険でしかありません。

    例えば、利益確定ラインと損切りラインをしっかり設定したうえでポジションを持ち放置するのであれば、比較的安心はできます。

    ですが、利益確定ライン・損切りラインのどちらも設定せずにポジションを持ち放置してしまうと、大きな損失を被ることにもつながり、最終的にはFX会社よりロスカットが執行される事態ともなりかねません。

    そのため、ポジションを持つのであればできるだけ確認するようにするとともに、必ず利益確定と損切りラインを設定しておくことが重要です。

    損切りをしない

    FX初心者もそうですが、中堅以上のFXトレーダーでも損切りをしない人は少なくありません。

    「もう少し待てば戻るかもしれない…」との感情が邪魔をし、なかなか損失を確定しようとしないのです。

    ちなみに、私は初心者の頃よりマシとはいえ未だ損切りが苦手でして、さらに含み損が増えてよく後悔しています。

    要は、「待てば戻るはず…」「利益の方へ戻ってほしい!」などの、お祈りトレード的なことをしているわけですね。

    確かに損切りせずに待っていれば、時としてプラスに転じることもあります。

    ただ、それは未来で起こる可能性の一つであり現時点で確認できることではないので、非常にリスクの高い行動でしかありません。

    特に、FX初心者にとって損失が少ない段階で損切りをしないことは大きな損失を被ることにつながり、FXの世界から退場を余儀なくされる可能性も高いので危険な行動です。

    そのため、「トレンドが崩れたら損切りする」「資金の2%を失うラインで損切りを設定する」などを事前に決め、そのルールを徹底することが重要です。

    あわせて読みたい
    FX初心者が大損を防ぐためにする損切りのタイミング どうも、音無です。 FXで取引をするとき、誰もが経験することの一つが「損切り」です。 FX初心者に限らず、どれだけ利益を出していたり有名な投資家であっても、損切り...

    ロスカットラインを把握していない

    FXでは損失が一定水準に達すると、FX会社より強制的にすべてのポジションを決済するシステムが採用されています。

    日本国内のFX会社であれば、基本的に預けた証拠金の50%を下回ると強制的にすべてのポジションを決済されてしまいます。

    つまり、自らの意思で損切りするのではなく、FX会社より強制的に決済され損失を確定されてしまうわけですね。

    ロスカットは証拠金以上の損失を生じさせないために設けられているのですが、FX初心者の多くは「証拠金の何%を下回るとロスカットされるのか」を把握していません。

    ロスカットが執行されるラインは国内において一般的に証拠金維持率が50%を下回った時ですが、FX会社によって異なるので事前に調べて把握しておくことが重要です。

    なお、海外FX会社の場合は、一般的に証拠金維持率の20%を下回るとロスカットが執行されます。

    ポジポジ病に陥っている

    FXでトレードをするとき、通貨を買う・売るの注文をすることを「ポジションを持つ」と表現します。

    このとき、ポジポジ病と表現する言葉があるのですが、これは「常にポジションを持っていないと気が済まない状態」のことです。

    ポジポジ病に陥る多くのFX初心者は、「機会損失をしたくない」「大きな利益を出したい」「損失を取り返したい」などの、感情に流されていることが大概です。

    投資をする以上、このように考えついポジションを持ちたくなるのもわかります。

    なお、FXは簡単にトレードをすることができ、近年ではスマートフォンさえあればどこでもポジションを持つことができるので、ポジポジ病に陥るFX初心者が増加している傾向にあるとのこと。

    ポジポジ病は計画やルールを無視してポジションを持つギャンブル的な行為でしかないので、FX初心者にとって危険でしかありません。

    そこで、ポジポジ病から脱却するために「トレードする時間帯を固定する」、「分かる相場でしかポジションを持たない」などのルールを決め、強く意識することが重要です。

    ナンピンをしている

    ナンピンとは「難平」と表記し、すでに持っているポジションが含み損となったとき、さらに買い増しをして平均値を下げることです。

    例えば、米ドル/円を100円で買い注文をし、その後レートが90円まで下がると含み損を抱えた状態になるので、買い注文時と同じ数量の買い増しを行います。

    そうすると、平均値が95円に下がるため、レートが100円に戻るのを待つことなく95円より上昇すれば利益が出る仕組みです。

    ただし、必ずレートが回復するとは限らないので、一般的に「ナンピンはしてはいけない」と言われています。

    理由は簡単で、さらにマイナスにレートが動くと損失が大きくなるだけでなく、ロスカットが執行され資金を失うことにつながるからです。

    私も過去に結構ナンピンはしてきましたが、大きな損失を出したりロスカットされたことが何回もありました。

    もちろん思惑通りにレートが回復する経験も何回もしていますが、結局のところ運任せであり一種のギャンブルトレードには違いありません。

    こうした危険があるため、FX初心者は無理にナンピンをしようとはせず、現在の状況を受け入れ損切りする行動が重要です。

    値動きが活発となる時間帯を把握していない

    日本時間
    ウェリントン5時~14時
    シドニー6時~15時
    東京8時~17時
    香港&シンガポール9時~18時
    フランクフルト16時~翌1時
    ロンドン16時~翌2時(冬時間:17時~翌3時)
    ニューヨーク21時~翌6時(冬時間:22時~翌7時)

    FXはメンテナンス時間や各国の特別な日を除き、24時間取引が行われています。

    日本であれば月曜日の朝から土曜日の朝までトレードすることができすよ。

    ただ、FX初心者の中には値動きが活発に動く時間帯を把握していない人が意外とたくさんいます。

    例えばですが、米ドル/円の通貨ペアでトレードしているにもかかわらず、ウェリントンやシドニー市場がオープンした時間帯で取引しても、正直利益を狙ったチャンスはそう多くはありません。

    理由は簡単で、米ドル/円とはアメリカと日本の通貨ですが、お互いの国の市場がオープンしていないからです。

    もし米ドル/円の通貨ペアでトレードをするのであれば、少なくとも東京市場がオープンしている時間帯で取引した方が、値動きがあるので利益は狙いやすいです。

    もしくは、値動きが活発となるニューヨーク市場がオープンしている時間帯に取引すると、利益を狙ったトレードがしやすい傾向にあります。

    もちろん値動きが活発な時間帯は利益だけでなく、損失を被る可能性も高いです。

    ただ、基本的に取引する通貨ペアの市場がオープンしている時間帯であれば、利益を出すことのできるチャンスを探しやすくなるはずです。

    夏時間
    (サマータイム)
    冬時間
    (米国標準時間)
    3月第2日曜日~11月第1日曜日11月1日日曜日~3月第2日曜日

    なお、夏時間(サマータイム)を導入している欧米では、取引できる時間帯にズレが生じてしまいます。

    取引時間はFX会社によって異なるので、事前に確認しておくことが大切です。

    あわせて読みたい
    FX初心者が狙うべき取引を行う時間帯 どうも、音無です。 FXをするからには、大きな利益を期待して取引をしたいですよね。 ただ、取引チャンスを見極めるためにチャート画面を見ていると、「ほとんど値動き...

    FX初心者はトレードの危険性を知り利益を狙う

    今回は、FX初心者が知っておきたい危険を避けたトレード方法についてご紹介をしていきました。

    FXをする以上は常にリスクは付きまとうのですが、そうした中でも事前に危険なトレードポイントを把握しておくことで、大きな損失を被る可能性を抑えることができるようになります。

    例えば、レバレッジは3倍以下にする、損切りラインの設定及びポイントを決めておく、通貨ペアは3つまでとするなどですね。

    このようなルールを設けて徹底したり、危険なポイントを勉強して把握していくことで、FX初心者でもリスクあるトレードを回避できるようになるはずです。

    それでは、今回はこれで以上です。

    あわせて読みたい
    初心者にも人気ある海外のFX口座XM情報【特徴を解説】 どうも、音無です。 近年、FXを始める人が増えているようですが、実際に取引をするためにはFX口座を開設しなければいけません。 このとき、国内のFX会社から選ぶ人もい...
    • URLをコピーしました!
    目次