ふるさと納税のアフィリエイトをする方法と案件を揃えるASP情報

    どうも、音無です。

    2008年度より開始されたふるさと納税ですが、今では各自治体に寄付する人が増えているそうです。

    開始当初こそ寄付する人は少なかったものの、テレビ番組やCMなどで情報を目にする機会も増えたことにより、認知度が拡大したことが関係しています。

    そのため、ふるさと納税の市場においては、毎年成長を続けているそうですよ。

    このときですが、ふるさと納税に目をつけアフィリエイトで取り組む人も意外といるそうです。

    需要が拡大傾向にあるわけですから、うまく波に乗れば大きく稼ぐことは期待できそうですからね。

    そこで今回は、ふるさと納税のアフィリエイトをする方法と案件を扱うASPについてまとめました。

    目次

    ふるさと納税のアフィリエイトの基本情報

    ふるさと納税のアフィリエイトの需要

    ふるさと納税のアフィリエイトですが、需要自体はあるのでしょうか。

    これは冒頭でもお伝えしましたが、ふるさと納税の認知度の拡大に伴い、寄付金額は年々成長を続けているようです。

    つまり、ふるさと納税の市場は拡大傾向にあります。

    なお、ふるさと納税とは、生まれ故郷や応援したい自治体に寄付できる制度のことです。

    ここでのポイントは、寄付金のうち2,000円を超える部分については所得税の還付、住民税の控除が受けられることですね。

    そのため、住民税や所得税を収めている人にとっては、ふるさと納税で税金を多少は減額できる魅力があります。

    それだけでなく、寄付した自治体から感謝として、地域の名産物などをお礼の品として寄付者に届けてくれもします。

    例えば肉、米、果物類、魚介類などの食べ物から、旅行割引券、家具類、日用品、アウトドア用品などですね。

    こうしたメリットがあるため、ふるさと納税の制度を利用して寄付する人が増えているわけです。

    なお、ふるさと納税に期限はなく、1年を通して受け付けています。

    こうした観点から、ふるさと納税のアフィリエイトに参入することで、1年を通し収益の発生が期待できます。

    ふるさと納税のアフィリエイトの成果報酬

    ふるさと納税のアフィリエイトにおける成果報酬は、1件当たり100円~380円ほどが相場となっています。

    こうしてみると、1件当たりの単価が低いことから、大きく稼ぐことは難しいと思われるかもしれません。

    ただ、納税額の1%~2%を成果報酬として設定している案件もいくつかありました。

    そのため、うまく案件を組み合わせて紹介すると、高額納税者から高い報酬を期待できるわけです。

    例えば、ふるさと納税で控除できる限度額は、年収と家族構成によって決まっています。

    このとき、基本的に自分に適した限度額ギリギリまで寄付する人が多いので、大概は一人当たり3万円の寄付は見込めます。

    もちろん、年収が高い人ほどふるさと納税の限度額は高くなるわけで、4万円~6万円ほどのお金を寄付する人も少なくありません。

    仮に納税額の2%の報酬額で計算すると、3万円~6万円だと600円~1,200円の報酬が期待できます。

    金額としては低いと思われるかもしれませんが、ふるさと納税の利用者は年々増えているので、多くのユーザーを呼び込むことができれば、それだけ大きな収益も期待できますよ。

    ふるさと納税のアフィリエイトの成果条件と否認条件

    ふるさと納税のアフィリエイトの成果条件ですが、基本的に寄付手続きの完了後、入金を確認できた時点で報酬が確定します。

    ただし、以下の条件に該当する場合は報酬が支払われないので注意が必要です。

    否認条件
    キャンセル、申込み不備
    入金確認ができない
    ふるさとアプリからの寄付
    リスティング違反

    案件ごとに否認条件は異なるため、提携前によく確認しておくことが大切です。

    ふるさと納税のアフィリエイトに取り組む方法

    全国版のふるさと納税サイトを運営するのは避ける

    アフィリエイトへ取り組むとき、基本的にはジャンルを細かく絞ってサイトを運営します。

    例えば、転職アフィリエイトへ参入するにしても、単に転職サイトを運営しては企業サイトに勝てないからです。

    ことのき、「20代転職サイト」「看護師の転職サイト」「薬剤師の転職サイト」などとジャンルを細かく絞ることで、企業サイトなどのライバルを減らし収益化を狙うことができます。

    そのため、ふるさと納税のアフィリエイトにおいても、特定の地域などで分けた方が収益化は目指しやすいです。

    もし、全国版のふるさと納税サイトを運営すると、国や企業、大手ECサイトなどが検索上位を占めているので、個人サイトが正面から挑んでもほぼ太刀打ちできません。

    そこで、東北・関東・近畿・四国・九州などの、一つの地域に特化したサイトを運営した方がベストです。

    しっかり情報が網羅されたサイトを運営できれば、地域型の特化サイトでも上位表示されて収益化は期待できますよ。

    ふるさと納税のアフィリエイトに取り組めるASPと広告案件

    ふるさと納税のアフィリエイト広告ですが、以下のような企業の案件から選び取り組むことができます。

    広告案件
    ポケマルふるさと納税|産直サイトポケットマルシェが運営するふるさと納税サイト
    ランキングとレビューで探せるふるさと納税サイト【さとふる】
    ふるさと納税サイト「ふるさと本舗」
    ふるさと納税「ふるなび」
    ANAのふるさと納税
    ふるさと納税「ふるさとプレミアム」
    ふるなびクラウドファンディングプログラム
    東急グループのふるさと納税【ふるさとパレット】

    なお、ふるさと納税の案件は以下のASPで確認することができました。

    • A8.net
    • もしもアフィリエイト
    • バリューコマース
    • afb(アフィb)
    • アクセストレード

    このとき、全くASPに登録していないアフィリエイトの初心者である場合は、「A8.net」や「もしもアフィリエイト」は押さえておきたいところです。

    詳しくは、以下の記事を参考にしていただけたらと思います。

    あわせて読みたい
    アフィリエイト初心者が登録すべきASP【最初は1社だけでもOK】 どうも、音無です。 アフィリエイトを始めるのであれば、収益化を前提としたブログやサイトを運営したいですよね。 このとき、アフィリエイトで収益化をするためには、...

    ふるさと納税のアフィリエイトに取り組む方法とASP情報まとめ

    今回は、ふるさと納税のアフィリエイトをする方法と案件を扱うASPについて、まとめた内容をお伝えしました。

    ふるさと納税の制度を利用し、生まれ故郷や応援したい自治体に寄付することで、税金の控除や特産品がもらえるメリットがあります。

    そのため、年々利用者が増えて市場規模も拡大傾向にあるわけです。

    このとき、ふるさと納税のアフィリエイトに取り組むことで、多くのユーザーを獲得できて収益を期待することができます。

    ただし、1件当たりの収益はそれほど高くはないので、アクセス数を稼ぐことにつながるサイト作りが大切です。

    例えば、同業のライバルを極力減らしてアクセス数を稼ぐことができるように、地域特化や特産品特化のサイトを運営するなど、記事を書く上での切り口を考えるわけです。

    そうすることで、1件当たりの単価は低くても、利用者の多さで低い単価をカバーして大きな利益の獲得を目指すことができますよ。

    それでは、今回はこれで以上です。

    あわせて読みたい
    アフィリエイト初心者による稼ぐブログの始め方【基礎知識を学ぶ】 どうも、音無です。 世の中にはブログ収入のみで生計を立てている人が意外とたくさんいるのですが、これって羨ましいと思いませんか? お金を稼ごうとするとき、私と同...
    • URLをコピーしました!
    目次