アフィリエイトの激戦ジャンルでの戦い方【ロングテールを狙う】

    どうも、音無です。

    アフィリエイトを始めるからには、やはり「大きく稼ぎたい!」と思ってしまいますよね。

    そうなると、大きな収益を得るには高単価な案件で取り組むことが、最も適していると言えます。

    高単価な案件であれば、1件当たりの報酬額が大きくなるので稼ぐことができるからです。

    ただし、高単価な案件は競合が集まりやすいので、初心者だと稼ぐどころか収益化すらできな可能性が高いのが実情…。

    とはいえ、単価が高いジャンルで大きく稼ぎたいと思われているかもしれません。

    そこで今回は、アフィリエイトの激戦ジャンルでの戦い方について解説をしていきます。

    目次

    アフィリエイトの激戦ジャンルとは

    • 転職
    • 脱毛、化粧品、ダイエット
    • 投資
    • 金融
    • 恋愛、婚活、出会い

    上記表は、アフィリエイトにおいて単価の高いジャンルとなります。

    つまり、大きな収益を期待できることから競合が集まりやすい激戦ジャンルです。

    例えば、転職系のジャンルであれば、1件当たり約2,000円~60,000円の成果報酬を得ることができます。

    特に、専門性のある転職案件は報酬単価が高いですね。

    あと、激戦ジャンルにおいては需要があるかどうかも関係しています。

    単に報酬単価が高いだけで、需要がなければ稼ぐことができませんので。

    そのため、高単価で需要があるジャンルこそが、アフィリエイトの激戦ジャンルとなります。

    アフィリエイトの激戦ジャンルは基本的に避けた方が無難

    前述では、アフィリエイトの激戦ジャンルについてお伝えしましたが、基本的には避けた方が無難です。

    特に、アフィリエイト初心者なのであれば、激戦ジャンルで取り組んでも稼ぐことは難しいと言わざるを得ません。

    激戦ジャンルは高単価であり需要があるからこそ競合が集まりやすく、またすでに既存サイトが上位を独占している場合が多いです。

    こうした中、後発組の初心者が激戦ジャンルに参入しても、太刀打ちできない可能性の方が高いです。

    ちなみに、近年では大手企業もアフィリエイトに参入してきているため、個人ではほぼ太刀打ちできなくなりました。

    大手企業は、大きな資金と人員を充てて稼げるジャンルのサイトを運営しているので、一個人では勝てる要素がなくなったからですね。

    そのため、アフィリエイトの知識や経験がない初心者なら、激戦ジャンルは基本的に避けた方が無難ではあります。

    アフィリエイトの激戦ジャンルに挑み稼ぐコツ

    アフィリエイトの初心者なら、本来は激戦ジャンルを避けた方がベストです。

    稼ぎたい一心で激戦ジャンルに飛び込んでも、競合に太刀打ちできずに収益化すらできない可能性が高いですからね。

    とはいえ、単価の低いジャンルばかりで取り組んでも、それはそれで収益性が低くなりがちなので大きく稼ぐことができません。

    例えば、100円の商品が100個売れても1万円ですが、1,000円の商品が10個売れるだけで1万円となります。

    この場合、100円の商品が100個売れても収益が低いですし、何より100個売るのは難易度がかなり高いです。

    なので、やはり大きく稼ぐには高単価なジャンルから選ぶ必要があります。

    ただし、高単価な案件は競合が集まりやすいのが問題…。

    そこで、以下の内容を意識して取り組むと、高単価な激戦ジャンルでも大きく稼ぐことが期待できます。

    • 一人の悩みを解決できるジャンルまで絞る
    • 特化サイトを作る
    • ロングテールキーワードを狙う

    それぞれについて、詳しくご説明をしていきます。

    一人の悩みを解決できるジャンルまで絞る

    まず、アフィリエイトでは高単価なジャンルは競合が集まりやすいのですが、「ジャンルを絞る」ことで激戦ジャンルを避けて収益化を目指すことができます。

    具体的には、「一人の悩みを解決できる」ようになるまでジャンルを絞ることが大切です。

    例えば、単に転職ジャンルで取り組んでも競合サイトがすでに独占しているので、後発組が今さら稼ぐことはほぼできません。

    また、長年運営している既存サイトが上位を占めてことも、稼ぐことができない要因の一つです。

    ですが、以下のように転職ジャンルを細かく分けることで、収益化を目指すことができるようになります。

    • 第二新卒の転職
    • 20代の転職
    • 女性の転職
    • 保育士の転職
    • 外資系の転職

    転職ジャンルも幅が広いので、上記のように細かく分けることができます。

    つまり、第二新卒者や保育士など、悩みを抱えた一人へ向けて問題解決につながる記事を書くことができるようになるまで、ジャンルを絞るわけです。

    そうすることで、高単価で激戦ジャンルでありながらも大きな収益を期待することができるようになります。

    特化サイトを作る

    一人の悩みを解決できるに至るまでジャンルを絞ることができれば、次にするべきことはサイトの開設です。

    このとき、特化サイトを作ることがとても重要。

    特化サイトとは、1つのジャンルやテーマに絞り情報を発信するサイトのことを指します。

    例えば、上述では第二新卒や保育士など転職ジャンルを細かく分けました。

    ここで、「第二新卒の転職サイト」や「保育士の転職サイト」のように、特定の1つの情報を発信する特化サイトを作るわけです。

    すると、特定の悩みを抱えた一人へ向けてピンポイントに情報を発信できるので、その結果大きく稼ぐことができるようになります。

    ロングテールキーワードを狙う

    特化サイトの開設まで完了すると、いよいよ収益化に向けた記事を書く作業に入ります。

    ただし、単に記事を書いてもサイトにユーザーがアクセスしてこないので、しっかりキーワードを意識して記事を作成することが重要です。

    具体的には、「ロングテールキーワード」を意識して記事を書きます。

    ロングテールキーワードとは、検索ボリュームが少ない3語以上の単語を掛け合わせたキーワードのことです。

    例えば、保育士の転職による特化サイトを運営して記事を書く場合、「保育士 転職 おすすめ」など、最初は3語以上の単語からなるロングテールキーワードのみを狙い記事を作成します。

    ロングテールキーワードですが、正直なところ検索ボリュームは少ないです。

    ただ、特定の悩みを抱えた人がアクセスしてきやすいので、問題解決につながれば商品の購入やサービスに申込みしてくれる可能性が高いメリットがあります。

    また、ロングテールキーワードは検索ボリュームが少ない分、ライバルを減らすことができるので上位表示されやすい傾向にあります。

    このように、アフィリエイトにおいて激戦ジャンルであったとしても、それぞれ意識して取り組むことで、大きな収益を期待することができるわけです。

    なお、ロングテールキーワードの探し方や検索ボリュームの調べ方については、以下の記事で解説していますので参考にしていただけたらと思います。

    あわせて読みたい
    アフィリエイト初心者が知るキーワードの選定方法 どうも、音無です。 アフィリエイトで収益化を目指すために大切な「キーワード」。 もし、キーワードの選び方に問題があると、記事を書いてもアクセスが集まらずに収益...

    アフィリエイトの激戦ジャンルでの戦い方まとめ

    今回は、アフィリエイトの激戦ジャンルでの戦い方について解説をしました。

    アフィリエイトで激戦ジャンルに取り組むと、競合が常にシェアの奪い合いをしているので、後発組だとかなり厳しいです。

    特に、アフィリエイト初心者だとほぼ太刀打ちできません。

    ただ、ジャンルを絞る、特化サイトを作る、ロングテールキーワードを狙うなどを意識して取り組むと、大きく稼ぐことを期待することは十分可能です。

    そのため、高単価な激戦ジャンルでアフィリエイトを始めたい場合は、ぜひ本記事を参考に挑戦してみてください。

    それでは、今回はこれで以上です。

    あわせて読みたい
    アフィリエイト初心者による稼ぐブログの始め方【基礎知識を学ぶ】 どうも、音無です。 世の中にはブログ収入のみで生計を立てている人が意外とたくさんいるのですが、これって羨ましいと思いませんか? お金を稼ごうとするとき、私と同...
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる