アフィリエイト初心者が知るキーワードの選定方法

    どうも、音無です。

    アフィリエイトで収益化を目指すために大切な「キーワード」。

    もし、キーワードの選び方に問題があると、記事を書いてもアクセスが集まらずに収益化は望めません…。

    なので、アフィリエイトを始める際にはキーワード選びがとても重要となってくるんです。

    ただ、アフィリエイトを始めたばかりの初心者だと、「キーワードはどうやって選べばいいの?」と悩まれることが少なくありません。

    私もこうした経験はありましたし、何よりキーワードの選定ミスでアクセスを集めることができず、結局閉鎖したサイトもありました。

    そこで今回は、アフィリエイト初心者が知っておきたいキーワード選定の方法について解説していきたいと思います。

    目次

    アフィリエイト初心者が狙うキーワードの選び方

    まず最初に、アフィリエイト初心者は「検索結果でどのようなキーワードを上位表示させたいのか」を決めることから始める必要があります。

    なぜなら、サイトを訪れるユーザー(読者)はGoogleやYahoo!などの検索欄でキーワードを入力することで、あなたが記事を書くサイトにたどり着くからです。

    ただ、「キーワードの選び方が全くわからない…」や「稼げるキーワードってなんだろ…」などと、悩むアフィリエイト初心者の方は少なくありません。

    なので、下記にて記事を書くためのキーワードの選び方をご紹介していきます。

    市場で需要のあるキーワードを探す

    まずは、アフィリエイト初心者がサイトを運営する上で一番重要となる部分の、キーワード選びからですね。

    あなたが興味のある分野、現在人気のあること、稼げるジャンルなどを考え、それをもとにキーワードを決める必要があります。

    例えば、「ケーキを食べるのが好き」「今は自宅できるゲームが人気」「転職ジャンルは稼げそう」などですね。

    これらの場合、キーワードは「ケーキ」「ゲーム」「転職」となります。

    興味のある分野であれば記事を書きやすいですし、現時点で人気のあることであれば需要があるので、アクセスを集めやすく収益化も期待できます。

    ちなみに、最初から無理にキーワードを決めようとせずに、漠然と思いついたことでいいですよ。

    この後でご紹介する項目で調査したのち、問題なければ次のステップへと進みますので。

    そこで、取り合えずは思いついたり気になるキーワードを記録し、それをもとに選定するように心がけると、今後の役に立ちます。

    キーワードのボリュームチェック

    キーワードを決めた次にするべきことは、「検索ボリュームのチェック」です。

    検索ボリュームとは、月にどれくらい該当するキーワードが検索されているのかを数値で表すことを指します。

    もし、記事にすると決めたキーワードの検索ボリュームが少ないと、需要がなければアクセスは集まりませんし、何より稼ぐこともできません。

    なので、必ず決めたキーワードの検索ボリュームは毎回調べることが重要です。

    後ほどご紹介しますが、キーワードの検索ボリュームは以下のサイトで調べることができますよ。

    ※キーワードプランナーとウーバーサジェストは無料で利用できますが、利用制限があるので注意です。

    なお、アフィリエイト初心者が狙うキーワードのボリュームですが、最初は月に10~100あれば狙い目ですね。

    あまりに検索ボリュームが大きすぎると上位表示が難しくなるので、まずは小さなボリュームから書き始める方法がおすすめです。

    競合サイトの調査をする

    アフィリエイトのキーワードを選ぶ上で、「競合サイトを調査」することも重要です。

    あまりに競合サイトが発信する記事の質と文字数が圧倒的すぎると、仮に月の検索ボリュームが少なくても、アフィリエイト初心者が勝てる見込みはほとんどありません。

    なので、無理をして張り合おうとはせずに、別のキーワードで探す方が無難です。

    なお、競合サイトの調査をするときですが、実際に記事として書きたいキーワードで検索し、上位3サイトの記事を確認するようにしてみてください。

    このとき、現在表示されている上位3位サイトよりも質の良いコンテンツを書ける場合に記事にして発信します。

    ロングテールキーワードを選ぶ

    キーワードの種類検索ボリューム語数
    ビッグキーワード1万以上1語
    ミドルキーワード1,000~1万2語
    ロングテールキーワード1,000未満3語以上

    アフィリエイト初心者がキーワードを選ぶときですが、検索ボリュームが少ない3語以上からなる「ロングテールキーワード」が狙い目です。

    キーワードにはビッグキーワード(1語)、ミドルキーワード(2語の組み合わせ)、ロングテールキーワード(3語以上の組み合わせ)などがあります。

    このとき、アフィリエイト初心者がビッグキーワードやミドルキーワードから選んでしまうと、検索ボリュームが大きすぎて上位表示させることはとても難しいのが実情です。

    例えば、「東京」「転職」「脱毛」などは検索ボリュームの大きいビッグキーワードとなるのですが、これらを選ぶと必然的に記事数がたくさん必要となるので、企業が運営するような大規模サイトになってしまいます。

    確かに、これらのキーワードで記事を書き続けると大きく稼げるでしょう。

    ただ、それぞれ関連するキーワードを網羅する必要がありますし、何より企業やベテランアフィリエイター、ブロガーが運営する競合サイトに勝つことのできる質の高い記事を発信しなければいけません。

    ですが、アフィリエイト初心者が長く運営している企業やベテランアフィリエイター、ブロガーのサイトよりも、質の高い記事を書くことができるのかというと、正直無謀であり現実的でもないです。

    そこで、3語以上を組み合わせたキーワードから選んで記事にすると、検索ボリュームは少ないのですが上位表示できる可能性が高くなります。

    アフィリエイト初心者に役立つキーワードを選定するツール

    ここでは、アフィリエイト初心者に役立つキーワード選定ツールをご紹介しています。

    上述で解説した内容を踏まえ、あなたが記事にできそうなキーワードを探す、また検索ボリュームを調べるために活用してみてください。

    ラッコキーワード

    ラッコキーワードは、気になるキーワードを入力して検索すると、Googleサジェスト、Bingサジェスト、Youtubeサジェスト、Yahoo!知恵袋などから、関連するキーワードを取得してくれる便利なツールです。

    アフィリエイトやブログ記事を書く人であれば、誰もがお世話になるであろうツールで、無料で利用することができますよ。

    なお、1日5回までの制限(0時リセット)がありますが、メールアドレスアドレスへ登録すると無制限で利用できるようになります。

    利用料は発生しないので、登録しても損はない便利なツールですね。

    aramakijake.jp(アラマキジャケ)

    aramakijake.jp(アラマキジャケ)は、検索したいキーワードのボリュームを調べることのできるツールです。

    一つずつ検索する手間はあるのですが、無料で利用できる便利なツールの一つですよ。

    具体的に、キーワードを入力して検索するとGoogleとYahoo!の検索ボリューム、そしてサイト順位ごとの流入予想数が表示されます。

    キーワードプランナー

    キーワードプランナーは、Googleが提供するキーワードツールです。

    キーワードを入力して検索すると、「月間平均検索ボリューム」「競合性」「広告単価」などを調べることができますよ。

    例えば、ラッコキーワードで取得したキーワードをコピーして「検索のボリュームと予想のデータを確認する」に貼り付けると、すべてのキーワードを調べることが可能です。

    なお、キーワードプランナーは無料で利用できますが、無料プランでは検索ボリュームの数値が100~1000などと、大まかにしか表示されないので注意です。

    Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

    Ubersuggest(ウーバーサジェスト)は、キーワードを入力すると「検索ボリューム」「難易度」「競合サイトのデータ」などを調べることができるツールです。

    細かな検索ボリュームの数値を確認できるだけでなく、上位表示させるためのSEO難易度まで知ることができる便利なツールですよ。

    ただ、現在は1日に無料で利用できる回数が制限されており、関連キーワードや検索ボリュームなどもある程度までしか確認することができません。

    とはいえ、無料プランの範囲でも貴重なデータが手に入る便利なツールです。

    アフィリエイト初心者が知るキーワード選定方法のまとめ

    今回は、アフィリエイト初心者が知っておきたいキーワードの選定方法について解説をしていきました。

    アフィリエイトで収益化を目指すためには、キーワード選びがとても重要です。

    このとき、全く需要のないキーワードを選んで上位表示できたとしても、アクセス数が集まらないので大きく稼ぐことはできません。

    とはいえ、競合揃いのキーワードを選んでしまうと上位表示が難しく、こちらもアクセスが集まらずに稼ぐことができないのが実情です。

    そこで、本記事内でお伝えした手順とツールを利用し、上位表示と収益化できる記事の作成に役立ててみてください。

    それでは、今回はこれで以上です。

    あわせて読みたい
    アフィリエイト初心者による稼ぐブログの始め方【基礎知識を学ぶ】 どうも、音無です。 世の中にはブログ収入のみで生計を立てている人が意外とたくさんいるのですが、これって羨ましいと思いませんか? お金を稼ごうとするとき、私と同...
    • URLをコピーしました!
    目次