うざいと思われるアフィリエイトサイトを避けた運営方法を解説

    どうも、音無です。

    「アフィリエイトサイトはうざい!との声をよく耳にするけど、そうならないようにサイトを運営するにはどうすればいいんだろう…」

    こうした悩みを抱えた人は意外とたくさんいます。

    アフィリエイトに取り組む以上、お金を稼ぐためには読者に商品を購入してもらったり、サービスに申し込みをしてもらわなければいけませんよね。

    そのため、アフィリエイト広告やボタンリンクを記事内に掲載することは必須です。

    ただ、読者に「このアフィリエイトサイトはうざい!」と思われてしまうと、思うようにアクセスは集まらずに稼ぐことができません。

    そこで今回は、うざいと思われるアフィリエイトサイトを避けた運営方法について解説をしていきます。

    嫌われるサイトを運営しないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

    目次

    アフィリエイトサイトがうざいと思われてしまう原因

    うざいと思われるアフィリエイトサイトを運営しないためには、まずそう思われてしまう原因を理解することが重要です。

    このとき、以下のようなものを確認できるサイトは、読者からうざいと思われやすいので注意が必要です。

    • サイトを開いた直後にポップアップ広告が表示される
    • 文章の途中でポップアップ広告が表示される
    • アフィリエイト広告とボタンが項目ごとに存在する
    • アドセンス広告で埋め尽くされている

    それぞれについて、詳しく解説していきますね。

    サイトを開いた直後にポップアップ広告が表示される

    サイトを開いた直後にポップアップ広告が表示される…。

    こうしたアフィリエイトサイトは相当うざいと読者に思われてしまいます。

    単純な理由で、読者に価値ある情報を提供する前に宣伝や勧誘を目的とした広告を表示させているからです。

    例えば、あなたが「近場にある美味しいパン屋さんを知りたい!」と考えたとします。

    このとき、GoogleやYahoo!などで検索して表示されたサイトへアクセスした直後に、関係のない宣伝や勧誘を目的とした広告が表示されるとどう思うでしょうか?

    「私が○〇万円稼いだ手法を□□に登録すると無料公開!」「今なら半額で受講できます!」

    おそらく、あなた以外の読者も「いきなり意味不明な広告が表示されてうざい!」と思い、最悪の場合はすぐに離脱されて二度とアクセスしてきません。

    ちなみに、私はアクセス直後にポップアップ広告が表示されるサイトを何回も見た経験があるのですが、正直なところうざいと感じてすぐに閉じてきました。

    読者に価値を提供する前に目先の利益にとらわれると、サイト自体の信頼性が損なわれてしまいます。

    なので、アクセス直後にポップアップ広告を表示させる行為は避けた方が無難ですね。

    文章の途中でポップアップ広告が表示される

    アクセス直後にポップアップ広告を表示させるサイトの多くは、文章の途中にもポップアップ広告の表示設定をしているパターンが多いです。

    当然ながら、読者の問題解決につながる情報を全て提示する前にポップアップ広告を挟んでも、「このサイトはうざい!」と思われかねません。

    私が経験した話を簡単にお伝えすると、アクセス直後、記事の中間地点、記事の両サイド、文章の終わりにポップアップ広告を段階的に表示させるサイトを見たことがありました。

    アクセス直後のポップアップ広告に違和感を感じ、文章を読まずにスクロールをして確かめたわけです。

    すると、5段階ほどにわけてポップアップ広告が表示される設定をしたサイトであったため、早々に離脱しましたね…。

    そもそも、記事内容とも関係のない広告が5回も表示されていたため、こうしたアフィリエイトサイトは読者にうざいと思われる可能性が高いと言わざるを得ません。

    ポップアップ広告の全てを否定するわけではありませんが、少なくとも最後まで文章を読み終えた時点で表示させるようにした方が無難です。

    そのため、どうしてもポップアップ広告を表示させたい場合は、読者が全ての文章を読み終えたと同時に表示させるように配慮することをおすすめします。

    アフィリエイト広告とボタンが項目ごとに存在する

    ○○が提供する商品は………

    アフィリエイトサイトでお金を稼ぐためには、記事内に上記のようなバナー広告、テキスト広告、ボタンリンクを設置しなければいけません。

    もちろん、私もアフィリエイトに取り組んでいるため、記事に広告を貼り付けたりボタンリンクを設置したりしていますよ。

    ただし、あまりに表示させ過ぎると読者に不快感を与えてしまうので、注意をする必要があります。

    例えば、項目が変わるごとに上記のバナー広告やテキスト広告、そしてボタンリンクを表示させてしまうと、「このサイトはうざい!」と思われますね…。

    「商品を買ってほしい!」「申し込みしてほしい!」感が出過ぎて、アクセスした読者が不快に思うわけです。

    アフィリエイトに取り組む以上、収益につながる広告を掲載すること自体は特に問題ありません。

    ただ、あまりにも数が多すぎると、単なるうざいと思われるサイトにしかならないので注意です。

    あわせて読みたい
    【初心者向け】アフィリエイト広告の貼り方を解説 どうも、音無です。 「アフィリエイトで大きく稼ぐ!」と意気込むも、「どうやって記事に広告を貼ればいいの?」と悩まれる人は意外と少なくありません。 アフィリエイ...

    アドセンス広告で埋め尽くされている

    アフィリエイトに取り組む人の中には、自分が運営するサイトにGoogleアドセンスのタグを貼り付けて稼がれている人もいます。

    サイトへアクセスしてきた読者が広告をクリックするたびに、運営者に収益が発生するからです。

    アクセス数の多いサイトであれば大きな収益を期待できるので、Googleアドセンスを利用する価値はありますね。

    ただし、あまりにもアドセンス広告を表示させ過ぎるのも問題です。

    アドセンス広告で埋め尽くされたサイトは意外と多いのですが、これでは読者にうざいと思われかねません。

    アドセンス広告がありすぎると文章が読みづらくなるので、読み終える前に離脱される可能性が高くなります。

    なので、アドセンスの設置数は2~3つなどとした方が無難です。

    アフィリエイトサイトをうざいと思う人の心理

    前述のように、アフィリエイトサイトがうざいと思われてしまう原因はあるのですが、根本的にアフィリエイト自体がうざいと思っている人もいます。

    例えば、以下のように考えている人たちですね。

    • 簡単に楽して稼いでいるようにしか思えない
    • 他人の儲けが嫌で許せない

    簡単に楽して稼いでいるようにしか思えない

    根本的にアフィリエイトサイトがうざいと思っている人の多くは、「アフィリエイトは簡単に楽して稼いでいるようにしか思えない!」と強いイメージを持っている傾向にあります。

    実際はそうではなくて、アフィリエイトは半年~1年ほど質の高い記事を継続して書き続け、やっと収益が発生するレベルの難しいビジネスです。

    もちろん、人によっては早い段階で稼がれている人もいますし、反対に1年以上を経過しても1円すら稼げない人もいます。

    ただ、アフィリエイトの経験がなければこうした事実を知ることがないため、簡単に楽して稼いでいるように思われてしまうわけです。

    そもそも、このように思われるようになった原因として、以下のように発信するアフィリエイターが存在することが関係をしています。

    • アフィリエイトサイト開設2カ月目で○○万円稼ぎました!
    • サイト運営で毎月○○万円稼いでいるので、現在はノマド生活を楽しんでいます
    • 好きなときにアフィリエイト記事を書くだけで、毎月○○万円の収益発生

    実際のところ、このような生活を送りつつ稼がれているアフィリエイターの方がいるのは事実です。

    そのため、「アフィリエイト⇒簡単に楽して稼げる」と考え、「アフィリエイトサイトはうざい」と思われやすいのが実情です。

    他人の儲けが嫌で許せない

    「他人の儲けが嫌で許せない!」

    こうした考えを持つ人も、根本的にアフィリエイトサイトがうざいと思っています。

    アフィリエイトサイトを通して商品を購入する、またサービスに申し込みをしてしまうと、運営者に収益が発生してしまいます。

    こうした事実を許すことができないわけです。

    自ら商品を購入したりサービスに申し込みをするわけでもないのに、ただただサイトの運営者に収益が発生することが嫌で仕方ないわけですね。

    現実世界に置き換えると、「後輩の出世が許せない!」「バカンスを楽しむ知人が許せない!」「一人だけ有名になったあの子が許せない!」といったところでしょうか。

    いずれにしても、自分よりも稼いでいたり良い生活を送っている人が嫌で許せない人たちの多くは、根本的にアフィリエイトサイトがうざいと思っています。

    これらはほぼ解決できないので考える必要はなし

    上記のような考えを持つ人の多くは、最初からアフィリエイトサイトがうざいと思っている傾向にあります。

    このとき、あなたはどのような行動を取るべきなのかと悩まれるかもしれません。

    結論を言うと、読者に価値ある情報を提供できるように心がけて運営する以外に行動する必要はないです。

    もともと、「アフィリエイトサイトがうざい!」と考えている人たちを、あなた個人がどうにかすることはほぼできません。

    そのため、解決に向けて深く考える必要はありませんし、そもそも把握する必要もないです。

    あなたがするべきことは、うざいと思われにくいサイトを運営することにあります。

    なので、それ以外の行動は特に取らなくても大丈夫ですよ。

    うざいアフィリエイトサイトを運営しないためにできること

    ここまでの内容をもとに、以下でうざいアフィリエイトサイトを運営しないためのコツをお伝えしていきます。

    読者に価値ある記事を作成する

    うざいアフィリエイトサイトを避けるためには、読者に価値ある記事を作成して発信することがとても重要です。

    読者に価値を提供できればアクセスが集まりやすく、またリピーターとなってくれる人もいますからね。

    さらに、質の良いコンテンツはGoogleから評価されやすく、検索結果で上位表示されやすくなりますよ。

    その結果、サイトを通して読者に安心感と信頼感を与えることができ、権威性を高めることができるようにもなります。

    収益に大きく関係する問題でもあるので、まずは読者に価値のある記事を発信できるように書くことが大切です。

    アフィリエイト広告を貼りつけ過ぎない

    読者に価値ある記事を発信して継続すると同時に、記事内にアフィリエイト広告を貼りつけ過ぎないようにすることも大切です。

    なぜなら、どれだけ役立つ情報が書かれていたとしても、あまりに広告がありすぎると読者は不快感を感じやすくなってしまいます。

    実際に、最後まで読めば役立つ情報だったのにも関わらず、広告に嫌気がさして途中でサイトを閉じる人はとても多いとのこと。

    私も広告の多すぎるサイトは途中で閉じてしまう派なので、そうした人たちの気持ちも理解できますね…。

    広告が多すぎると拒否反応を起こす人も多いので、重要なポイント以外では極力広告を設置しないことが重要です。

    うざいと思われるアフィリエイトサイトを避けた運営方法のまとめ

    今回は、うざいと思われるアフィリエイトサイトを避けた運営方法について解説をしていきました。

    うざいサイトを運営しないためのコツは、何といっても読者に価値のある情報を提供することにあります。

    そして、アフィリエイト広告も貼り付けすぎないように調整し、最も重要なポイントでアピールすると効果的です。

    正直なところ、完全にうざいアフィリエイトサイトではないことを読者に伝えることは現実的に難しく、またほぼ不可能です。

    なので、重要なポイントだけを理解して運営すると、良い結果へつなげることができますよ。

    本記事を参考に、ぜひ挑戦してみてください。

    それでは、今回はこれで以上です。

    あわせて読みたい
    アフィリエイト初心者による稼ぐブログの始め方【基礎知識を学ぶ】 どうも、音無です。 世の中にはブログ収入のみで生計を立てている人が意外とたくさんいるのですが、これって羨ましいと思いませんか? お金を稼ごうとするとき、私と同...
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる