XMで両建ては禁止?【注意点を理解すれば問題なし】

    どうも、音無です。

    FX取引をするときですが、基本的には「買い」か「売り」のどちらかでポジションを建て利益を狙います。

    このとき、「両建て」の手法で利益を狙うFXトレーダーも意外と多いです。

    ただ、FX業者によっては両建てを禁止しているので、知らずしてポジションを建てるとペナルティが課せられることもあります。

    このとき、海外FX業者のXMでは両建てを禁止していません。

    ただし、注意すべき点もありますので、今回はXMでの両建てについて解説をしていきます。

    目次

    XMで両建ては禁止されていない

    冒頭でお伝えした通りで、XMは両建てを禁止しておらず認めています。

    これについては、XM公式サイトで明記しているため、安心して両建てを行うことができますよ。

    ちなみに、両建ての意味を簡単にご説明すると、「買い」と「売り」のポジションを同時に保有することです。

    例えば、米ドル/円の通貨ペアで1ロットずつ買いと売りのポジションを持つと、どちらも同じロット数で保有しているので損失は発生しません。

    もちろん、利益も発生しませんが…。

    こうした両建ての意味を知ると、「両建てに何の意味があるの?」と疑問に思われるかもしれませんね。

    実のところ、両建てをうまく活用すればメリットとなることもあるんです。

    XMで両建てをするメリット

    XMで両建てをするメリットですが、以下のようなものがありますよ。

    • 両建てに必要な証拠金はゼロ
    • 急激な相場でのリスク回避ができる
    • 両建てでもXMポイントが貯まる

    それぞれについて、詳しくご紹介をしていきます。

    両建てに必要な証拠金はゼロ

    XMで両建てをするときですが、同じロット数で両建てのポジションを建てると証拠金はゼロになります。

    そのため、仮に証拠金維持率が100%未満であっても、両建てをすることができるということですね。

    ただ、両建てポジションを建てるときに証拠金がゼロになるのは、FXとゴールド、シルバーの銘柄のみとなります。

    もし、その他の銘柄で両建てする場合は、両建てに必要な証拠金は50%となるので注意が必要です。

    急激な相場でのリスク回避ができる

    ポジションを保有しているとき、経済指標や突然の要人発言で相場が大きく動くときがあります。

    このとき、上昇と下落を繰り返す荒い値動きをすることがあるのですが、正直どっちの方向へ価格が推移するのかを判断しにくいです。

    そうしたとき、両建てをすることでどちらに価格が動いたとしても、大きな損失を回避することができます。

    そして、値動きが落ち着いたタイミングでトレンドを見極めて両建てを解除すると、大きな損失のリスクを抑えて利益を伸ばすことが可能となるわけです。

    両建てでもXMポイントが貯まる

    XMでは独自のボーナスプログラムを提供しているのですが、その中に「XMポイント」と呼ばれるものがあります。

    XMポイントは、10分以上ポジションを保有してトレードした場合に付与され、現金もしくはボーナスに変換して証拠金の足しにすることが可能です。

    このとき、両建てでポジションを保有してもXMポイントは付与の対象となるので、効率よくポイントを稼ぐことができるのはメリットと言えますね。

    ただ、明らかにXMポイント狙いの両建てはペナルティの対象となるため、その点については注意が必要です。

    XMが禁止している両建て取引

    XMでは両建てが認められている一方で、禁止された取引方法もあります。

    そのため、ペナルティを課せられないためにも、禁止された両建てについて理解しておくことが重要です。

    なお、XMで禁止された両建てについては以下で詳しく解説していきます。

    XMの複数口座を利用しての両建て

    XMでは、一つのアカウントで最大8つの口座を開設することができます。

    このとき、複数の口座を利用しての両建ては禁止されているため行うことができません。

    例えば、XMのA口座で米ドル/円の買いポジションを持ち、B口座で米ドル/円の売りポジションを建てる。

    このように、別口座を通しての両建ては禁止されているので、ポジションを建てないように注意する必要があります。

    XMで認めている両建てはあくまで「一つの口座」に対してなので、このことを理解しておくことが大切ですね。

    XMとその他業者を利用しての両建て

    XM内の別口座を通して両建てをすることは禁止されていますが、このとき他業者を利用しての両建ても認められていません。

    例えば、XM口座で米ドル/円の買いポジションを持ち、他FX業者で米ドル/円の売りポジションを建てる。

    他のFX業者を通しての両建てであるため、一見ばれないと思われがちですが、実のところMT4/MT5で取引しているとわかるそうです。

    このとき、独自の取引ツールを導入している国内FX業者を利用しても、過去には特定されたことがあるらしいのでしない方が安心ですね。

    複数人で連携した両建て

    複数人で連携した両建ても、XMでは禁止をしています。

    例えば、あなたが米ドル/円の買いポジションを持ち、投資仲間が米ドル/円の売りポジションを建てる。

    ちなみに、過去にはこうした複数人のグループを組んで両建てをしていたトレーダーがいたそうですが、特定されて口座凍結と全利益の没収をされたとのこと。

    禁止された取引で口座凍結をされると、二度とXMで取引できなくなるのでするべきではありませんね。

    XMで禁止されている両建てをした場合のペナルティ

    上述では、XMが禁止している両建て取引についてご紹介をしましたが、もし行ってしまうとどのようなペナルティが課せられるのでしょうか。

    これについては、以下の3つのペナルティが課せられる可能性があります。

    • レバレッジの規制
    • 利益の全額没収
    • 口座凍結

    それぞれを簡単にご説明しますと、XMは最大888倍のレバレッジをかけることができますが、ペナルティが課せられると100倍ほどに規制されてしまいます。

    XMを利用する魅力の一つである888倍のレバレッジが使えないのは、正直デメリットでしかありませんね。

    あと、利益も全額没収されます。

    普通に取引して得た利益も没収対象となる可能性が高いので、これも辛いです。

    最後に、口座が凍結されて二度とXMで取引できない措置を取られることもあるため、禁止された両建てをするメリットが何一つありません。

    なお、XMで禁止されている取引については以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

    あわせて読みたい
    XMの禁止事項【取引前に事前確認】 どうも、音無です。 日本人トレーダーからも人気ある海外FX業者のXM。 国内FX業者よりも圧倒的にレバレッジが高く、ゼロカットシステムを導入してるので追証の心配もな...

    XMでの両建ては禁止された取引方法を守り行う

    今回は、XMにおける両建てについて解説をしてきました。

    XMでは両建てによる取引を禁止していないので、問題なくポジションを建てることができます。

    ただし、禁止された両建てによる取引をするとペナルティの対象となるので、事前に理解しておくことが重要です。

    こうしたことを理解した上で、両建てによる利益を積み重ねてたトレードも実践してみてください。

    それでは、今回はこれで以上です。

    あわせて読みたい
    初心者にも人気ある海外のFX口座XM情報【特徴を解説】 どうも、音無です。 近年、FXを始める人が増えているようですが、実際に取引をするためにはFX口座を開設しなければいけません。 このとき、国内のFX会社から選ぶ人もい...
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる