大阪~新門司を結ぶ名門大洋フェリーの客室・料金情報まとめ!

    どうも、音無です。

    大阪の南港から北九州の新門司港の航路を運航している名門大洋フェリー。

    久々に公式サイトを見ていたのですが、どうやら私が乗船していたフェリーは引退しているようでした。

    まぁ、最後に乗船したのが学生の頃だったので、当時のフェリーが引退していてもおかしくはないかな…。

    今回は公式サイトを見ていたこともあり、大阪~新門司を結ぶ名門大洋フェリーの客室・料金情報を共有したいと思います。

    船旅を満喫できるフェリー会社の一つなので、気になっていた場合はぜひ参考にしてみてください。

    目次

    大阪~新門司を結ぶ名門大洋フェリーが運用する船舶情報

    大阪~新門司を結ぶ名門大洋フェリーですが、4隻で一日2便運航しているようです。

    ちなみに、各フェリーのスペックは以下のようになります。

    船名きょうと/ふくおか
    おおさかⅡ/きたきゅうしゅうⅡ
    船籍日本
    運用者名門大洋フェリー
    就航年月きょうと:2021年12月16日
    ふくおか:2022年3月28日
    おおさかⅡ:2015年9月16日
    きたきゅうしゅうⅡ:2015年11月29日
    航路南港(大阪府)~新門司港(北九州)
    所要時間1便:約12時間半
    2便:約12時間40分
    総トン数きょうと/ふくおか:15,025トン
    おおさかⅡ/きたきゅうしゅうⅡ:14,920トン
    全長きょうと/ふくおか:195m
    おおさかⅡ/きたきゅうしゅうⅡ:183m
    全幅きょうと/ふくおか:27,8m
    おおさかⅡ/きたきゅうしゅうⅡ:27m
    航海速力きょうと/ふくおか:23.2ノット(約43.0km/h)
    おおさかⅡ/きたきゅうしゅうⅡ:23.2ノット(約43.0km/h)
    乗客定員きょうと/ふくおか:675名
    おおさかⅡ/きたきゅうしゅうⅡ:約713名
    乗組員
    客室数
    積載能力きょうと/ふくおか:トラック162台、乗用車140台
    おおさかⅡ/きたきゅうしゅうⅡ:トラック146台、乗用車105台

    大阪~新門司を結ぶ名門大洋フェリーが運用する船舶の客室情報

    大阪~新門司を結ぶ名門大洋フェリーが運用する船舶の客室ですが、一番新しい「きょうと/ふくおか」でご紹介していきたいと思います。

    なお、客室タイプは以下の通りです。

    客室タイプ
    ツーリスト
    コンフォート
    プライベートS
    ファーストB.J.S
    スーペリア
    デラックス
    スイート

    上記のように客室タイプが分かれるのですが、「きょうと/ふくおか」のフェリーにはエコノミータイプ(大部屋)の部屋がないのがポイントですね。

    私は最もリーズナブルなお値段で泊まることのできる、エコノミータイプしか利用したことはありませんでした。

    ただ、「きょうと/ふくおか」に限っては、ツーリストタイプが最もリーズナブルなお部屋のようですね。

    ちなみに、「おおさかⅡ/きたきゅうしゅうⅡ」フェリーにおいては、エコノミータイプのお部屋があるようです。

    ツーリスト

    まずは、名門大洋フェリーの「きょうと/ふくおか」において、最もリーズナブルなお値段で利用できるツーリストからです。

    簡単にお伝えすると、上段と下段で互い違いとなるカプセルベッドタイプのお部屋ですね。

    相部屋となるのですが、カーテンを閉めるとプライベートな空間を確保できるので、一人でも利用しやすいといえます。

    通常利用であれば、ツーリストタイプのお部屋で十分快適に眠ることができるはずです。

    なお、オートロック式のレディースルームもあるので、女性一人で乗船しても安心して利用することができますよ。

    部屋タイプツーリスト(レディース限定あり)
    定員10~30名
    部屋の広さ28.0㎡~67.0㎡
    ベッド幅2,000㎜×800㎜
    設備カーテン、手荷物置き場
    コンセント、ベッドライト
    レディース限定
    ベッド設備・備品
    ロールカーテン、鏡、バスタオル
    備品
    アメニティ

    コンフォート

    個室感覚で泊まることのできる、コンフォートタイプのお部屋です。

    ツーリスト同様に相部屋なのですが、1段式のベッドを採用しているので上段はありません。

    また、バリアフリー対応であることから、車イスやご年配の方でも安心して利用できる魅力があります。

    カーテンを閉めるとプライバシーは守れるので、一人旅でも利用しやすいですよ。

    ちなみに、コンフォートタイプは「きょうと/ふくおか」のフェリーでしか採用されていないようです。

    部屋タイプコンフォート
    定員14名
    部屋の広さ46㎡
    ベッド幅2,000㎜×800㎜
    設備手荷物置き場、コンセント、ベッドライト
    備品
    アメニティ

    プライベートS

    プライベートSタイプは、次でご紹介するファーストSタイプよりリーズナブルなお値段で泊まることのできるお部屋です。

    また、ツーリストやコンフォートより船内設備が充実しており、完全個室となるのがポイントですね。

    ただ、通常はトラック専用ドライバールームとして運用しているので、空があるときのみ利用できる感じです。

    部屋タイププライベートS
    定員1名
    部屋の広さ4.0㎡
    ベッド幅2,000㎜×800㎜
    設備テレビ、コンセント
    備品
    アメニティ

    ファーストS

    ビジネスや一人旅で利用しやすい、ファーストSタイプのお部屋です。

    完全個室なので人目が気にならないことから、安心かつゆっくり船旅を楽しむことができます。

    なお、ファーストSタイプのお部屋は名門大洋フェリーが運用する船舶において、かなり人気があるとのこと。

    そのため、利用したい場合は早めに予約で確保しておいた方が安心ですよ。

    部屋タイプファーストS
    定員1名
    部屋の広さ5.0㎡
    ベッド幅2,000㎜×800㎜
    設備テレビ、コンセント
    洗面台、ポット&茶器セット
    備品ナイトウェア、フェイスタオル
    歯ブラシセット、使い捨てスリッパ
    アメニティ

    ファーストB・J

    ファーストB・Jは、夫婦や家族で利用しやすいタイプのお部屋です。

    なお、BタイプとJタイプの違いですが、ツインベッドがあるかないかですね。

    例えば、Bタイプはツインベッドと畳に布団を敷くタイプのお部屋となります。

    対して、Jタイプは和室空間を採用しているため、ベッドはなく布団を敷くタイプのお部屋です。

    運賃はどちらも同じなので、好みで利用したいところですね。

    部屋タイプファーストB・J
    定員2~4名
    部屋の広さ16.0㎡
    ベッド幅2,000㎜×800㎜(Bタイプのみ)
    設備テレビ、コンセント
    洗面台、ポット&茶器セット
    備品ナイトウェア、フェイスタオル
    歯ブラシセット、使い捨てスリッパ
    アメニティ

    スーペリア

    名門大洋フェリーにおいて、「きょうと/ふくおか」から新設されたスーペリアタイプのお部屋です。

    2段ベッドと1段ベッドを採用したお部屋で、室内にはトイレとシャワーが備わっています。

    なので、仮にトイレやお風呂を利用したいときでも、部屋から出る必要がないところがポイントですね。

    なお、レディースルームもあることから、気軽に女子旅を満喫することができますよ。

    ちなみに、レディースルームは女性目線でセレクトした部屋だそうで、優しい色合いを採用しているとのこと。

    しかも、アメニティセットはこの部屋だけの特典なので、女性のみで利用する場合はかなりお得だと言えます。

    部屋タイプスーペリア
    定員2~3名
    部屋の広さ12.0㎡
    ベッド幅2,000㎜×800㎜
    1,930㎜×740㎜(ブルマンベッド)
    設備テレビ、シャワー、トイレ、洗面台
    ポット&茶器セット、ドライヤー、コンセント
    備品ナイトウェア、フェイスタオル、フェイスタオル
    歯ブラシセット、使い捨てスリッパ
    アメニティ
    スクロールできます
    レディースルーム限定
    船室設備ナノイーヘアードライヤー
    アメニティ綿棒、コットン、ヘアゴム、シャンプー、コンディショナー、クレンジングミルク、ピーリングジェル、オールインワンクリーム、コンディショニングヘアバター

    デラックス

    ワンランク上の贅沢な気分を味わえる、デラックスタイプのお部屋です。

    定員は2名までのお部屋なので、ご夫婦や恋人同士の船旅にピッタリなお部屋ではないでしょうか。

    大阪~新門司の航路は約12時間半はかかるので、かなり優雅なひとときを満喫することができると思いますよ。

    スクロールできます
    部屋タイプデラックス
    定員2名
    部屋の広さ20.0㎡
    ベッド幅2,000㎜×1000㎜
    設備テレビ、冷蔵庫、バス、トイレ、洗面台、ポット&茶器セット、ドライヤー、コンセント、空気清浄機
    ※天然水2本サービス付き
    備品ナイトウェア、バスタオル、フェイスタオル、歯ブラシセット、使い捨てスリッパ、カップコーヒー
    アメニティ髭剃り、ヘアーブラシ、巾着袋、シャワーキャップ、綿棒、入浴剤

    スイート和洋室・洋室

    名門大洋フェリーが運用する船舶において、一番豪華となるスイートタイプのお部屋です。

    スイートには和洋室と洋室があり、それぞれ部屋のデザインが若干異なります。

    例えば、和洋室は洋室と和室を兼ね備えたデザインを採用しており、洋室はゆったりとした空間を確保したお部屋となります。

    後は定員数が異なる程度で、設備や備品に違いはありません。

    どちらのスイートを利用したとしても、大阪~新門司まで極上の船旅を満喫できるはずです。

    なお、どちらも1室しかないVIPルームなので、利用したい場合は前もっての予約は必須ですよ。

    スクロールできます
    部屋タイプスイート和洋室・洋室
    定員和洋室:2~4名
    洋室:2~3名
    部屋の広さ26.0㎡
    ベッド幅2,000㎜×1200㎜
    1,840㎜×860㎜(ソファーベッド)
    設備テレビ、冷蔵庫、バス、トイレ、洗面台、ポット&茶器セット、ドライヤー、コンセント、空気清浄機
    ※天然水2本サービス付き
    備品ナイトウェア、バスローブ、バスタオル、フェイスタオル、歯ブラシセット、スリッパ、使い捨てスリッパ、カップコーヒー
    アメニティ髭剃り、ヘアーブラシ、巾着袋、シャワーキャップ、綿棒、入浴剤

    きょうと/ふくおかフェリーの船内施設

    上述では、「きょうと/ふくおか」フェリーの客室をご紹介していきました。

    大阪の南港から北九州の新門司港の航路を運航している名門大洋フェリーですが、約12時間半を船内で過ごすことになります。

    このとき、流石に半日を部屋で過ごすのは退屈だと思いますよね。

    そうしたときは、船内施設を利用するに限ります。

    なお、「きょうと/ふくおか」フェリーの船内施設にはなりなすが、以下で簡単にご紹介していきます。

    展望浴室

    名門大洋フェリーが運用する各船舶には、展望浴室が設けられています。

    何でも、従来船よりも浴室が広くなっているそうですよ。

    確かに、私が利用していた当時は浴槽が1個か2個しかなかったような…。

    浴室が広ければのんびりと入浴を楽しむことができるので、乗船したら利用する価値はありそうですね。

    なお、浴室にはボディーソープやシャンプーは備え付けられていますが、タオルはないので持参もしくは売店で購入する必要ありです。

    便名利用可能な時間
    1便16:00~22:00 ※朝は利用不可
    2便18:30~24:00 / 06:00~入港10分前まで
    備品シャンプー、トリートメント、ボディーソープ、ドライヤー

    展望レストラン

    船内には展望レストランがあるので、夕食や朝食をバイキングスタイルで堪能することができます。

    レストラン内は広々としたスペースとなっていることから、ゆったりと食事を楽しむことができそうですよ。

    私は名門大洋フェリーが運用する船舶でレストランを利用したことがないので、一度利用したいものですね。

    スクロールできます
    1便:営業時間夕食バイキング軽朝食
    17:00~20:00
    4:30~入港20分前まで
    大人:1,600円大人:300円
    小人:1,100円小人:300円
    幼児:500円
    (4歳~5歳)
    幼児:無料
    (4歳~5歳)
    スクロールできます
    2便:営業時間夕食バイキング朝食バイキング
    19:00~21:30
    6:40~入港20分前まで
    大人:1,600円大人:750円
    小人:1,100円小人:500円
    幼児:500円
    (4歳~5歳)
    幼児:250円
    (4歳~5歳)

    案内所・売店

    案内所の真横には売店が設けられているので、旅の思い出グッズやお土産を購入することも可能です。

    例えば、関西や九州のお土産やお菓子、名門大洋フェリーのオリジナルグッズが揃えられています。

    また、飲み物や日用雑貨など幅広く取り揃えているので、困った際には売店に行くと解決できそうですね。

    エリア1便:営業時間2便:営業時間
    案内所16:00~22:00
    4:30~入港まで
    18:30~24:00
    6:40~入港まで
    売店16:00~21:30
    4:30~入港まで
    18:30~22:30
    6:40~入港まで

    プロムナード・展望ラウンジ

    船内にはプロムナードと展望ラウンジがあるので、景色を楽しみながらくつろぐことができます。

    特に、展望ラウンジでは明石海峡大橋・瀬戸大橋・来島海峡大橋を鑑賞するのに最適なスペースですよ。

    多分ですが、私が乗船していた時代にプロムナードや展望ラウンジはなかった?ような気がするので、ちょっとうらやましいですね。

    なお、展望デッキへも出られるため、潮風にあたりながら景色を楽しむことも可能です。

    キッズルーム・パウダールーム

    子どもが退屈しないように、船内にはキッズルームも設けられています。

    なので、子供を連れて名門大洋フェリーを利用しても、退屈せずに大阪南港~新門司港の船旅を満喫できそうですね。

    なお、ミラーライトが設置されたパウダールームと授乳室もあるので、乳幼児連れでも安心して安らげますよ。

    ゲームコーナー・自販機コーナー

    船内にはゲームコーナーもあるので、ゲームが好きな場合は利用するの良いですね。

    あと、自販機コーナーも設置されているため、飲み物やアイスなどを購入することもできます。

    ちなみに、日清のカップヌードル自販機もあるので、レストランや売店を利用しなくても食事はできますよ。

    私が利用していた当時からあるのですが、カップヌードルの自販機にはお世話になっていた次第です。

    名門大洋フェリーを利用すると明石・瀬戸・来島海峡大橋が見れる

    大阪南港~新門司港を結ぶ名門大洋フェリーを利用すると、航海中に「三大架橋」を見ることができます。

    具体的には、明石海峡大橋・瀬戸大橋・来島海峡大橋ですね。

    「きょうと/ふくおか」「おおさかⅡ/きたきゅうしゅうⅡ」のどちらのフェリーへ乗船しても見れるので、時間に余裕があれば見ることをおすすめします。

    ちなみに、夜であればライトアップされているので、一種のイルミネーションを楽しむことができるはずです。

    なお、各大橋を通過するのは大体以下のような時間帯となります。

    スクロールできます
    橋名1便 17:00発
    新門司港 発
    1便 17:00発
    大阪南港 発
    2便19:50発
    新門司港 発
    2便19:50発
    大阪南港 発
    明石海峡大橋04:10 ↑18:10 ↓07:10 ↑21:05 ↓
    瀬戸大橋00:45 ↑21:35 ↓03:40 ↑00:30 ↓
    来島海峡大橋22:30 ↑23:50 ↓01:25 ↑02:50 ↓

    大阪~新門司を結ぶ名門大洋フェリーへの乗船料金

    前述では、「きょうと/ふくおか」フェリーの船内施設の情報をご紹介していきました。

    このとき、大阪~新門司を結ぶ名門大洋フェリーを利用するには、どれくらいの料金が必要なのかは気になるところですね。

    そこで、名門大洋フェリーを利用するために必要となる料金について調べたので、以下でご紹介をしていきます。

    乗船料金(片道)

    以下は名門大洋フェリーを利用する際の運賃料金となります。

    ただし、「燃料油価格」の変動で定期的に変わったり、また「繁忙期」でも料金は異なるので注意が必要です。

    スクロールできます
    客室タイプきょうと
    ふくおか
    おおさかⅡ
    きたきゅうしゅうⅡ
    エコノミー運賃からの差額
    (ドライバー差額)
    エコノミー7,220円
    ツーリスト8,640円8,640円1,420円
    コンフォート9,940円2,720円
    プライベートS10,740円10,740円3,520円
    ファーストS14,740円11,740円4,520円
    ファーストB・J14,140円14,140円6,920円
    ファーストA14,140円6,920円
    スーペリア16,740円9,520円
    デラックス19,790円19,790円12,570円
    スイート22,290円22,290円15,070円

    ・プライベートSは、繁忙期と一部多客期のみの販売。

    ・スイートを3名以上でご利用の場合、3名目・4名目の料金はファーストJ料金となる。

    ・ファースト以上の船室を定員数に満たない人数でご利用の場合、貸切料(各料金の50%×未使用席数)が必要。

    ・乗用車の運転手がツーリスト以上をご利用の場合は運転手料金が必要。

    なお、小人・幼児・乳児の取り扱いは以下の通りです。

    小人小学生
    (12歳未満及び12歳以上)
    各運賃・料金の半額
    幼児1歳~6歳(未就学児)添い寝の場合は大人1名につき1名無料
    船席利用の場合は小人運賃・料金が必要
    乳児0歳無料

    乗用車、その他運賃(片道)

    乗用車料金
    3m未満15,290円
    3m以上4m未満19,690円
    4m以上5m未満24,090円
    5m以上6m未満28,490円
    1m増す毎に4,400円

    上記は乗用車の運賃ですが、運転者1名のエコノミー運賃が含まれています。

    バイク・自転車料金
    自転車2,040円
    原付自動車
    125㏄未満
    3,620円
    自動二輪車
    750㏄未満
    5,190円
    自動二輪車
    750㏄以上
    6,750円
    サイドカー・トライク
    750㏄未満
    10,380円
    サイドカー・トライク
    750㏄以上
    13,500円

    上記はバイクと自転車の運賃ですが、旅客運賃は含まれてないので別途必要です。

    手小荷物運賃重さ料金
    受託手荷物旅客乗船あり
    1名2個まで
    30kg以下520円
    小荷物旅客乗船なし
    1口5個まで
    10kg未満620円
    小荷物旅客乗船なし
    1口5個まで
    10kg以上20kg未満1,250円
    小荷物旅客乗船なし
    1口5個まで
    20kg以上30kg未満1,880円

    大阪~新門司を結ぶ名門大洋フェリーの船舶乗り場・運航ダイヤ

    大阪~新門司を結ぶ名門大洋フェリーを利用する場合、当然ですが船舶乗り場まで向かう必要があります。

    そこで、簡単にではありますが、大阪南港と新門司港のフェリーターミナルまでのアクセスを以下でご紹介していきます。

    また、各フェリーの運航ダイヤも合せてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

    大阪南港フェリーターミナル

    住所〒559-0032
    大阪府大阪市住之江区南港南2丁目2-24
    電話番号06-6613-1402
    年中無休 9:00~19:50
    目的地所要時間
    西梅田約45分
    難波約35分
    ユニバーサルシティ約50分
    新大阪約55分
    関西空港約1時間30分

    大阪南港フェリーターミナルへ向かう場合、乗用車以外では電車を利用して向かうことが可能です。

    なお、所要時間は上記表の駅からの通りとなります。

    アクセス自体はかなり良いので、余裕を持って行動すればすぐに到着できますよ。

    新門司港フェリーターミナル(北九州)

    住所〒800-0115
    福岡県北九州市門司区新門司1丁目6
    電話番号093-481-1780
    年中無休 9:00~19:50
    スクロールできます
    便名JR小倉駅
    新幹線口(北口)
    JR門司駅
    大里赤煉瓦タウン口(北口)
    新門司港ターミナル
    上り1便15:40発16:00発16:20着
    上り2便18:40発19:00発19:20着

    新門司港ターミナルへ向かう方法ですが、自家用車であれば直接向かうことができるので比較的楽ですね。

    ただ、徒歩で向かう場合はバスかタクシーを利用する必要があります。

    例えば、バスであれば上記表の通りで、JR小倉駅とJR門司駅のそれぞれから無料送迎バスが運行しています。

    新門司港ターミナル直中のバスなので、時間に合わせて利用するのがおすすめです。

    なお、無料送迎バスを利用できない場合はタクシーで向かう必要ありです。

    運航ダイヤ

    便名上り 新門司港 発⇒大阪南港 着
    下り 大阪南港 発⇒新門司港 着
    1便17:00~翌05:30
    2便19:50~翌08:30

    大阪南港~新門司港へは上記の運航ダイヤで航行しているので、乗船したい便がある場合は要チェックです。

    なお、車で乗船する場合は出航60分~90分前に、徒歩の場合は30分前に乗船手続きを完了する必要があるので、ここだけは注意ですね。

    大阪~新門司を結ぶ名門大洋フェリーの情報まとめ

    今回は、大阪~新門司を結ぶ名門大洋フェリーの客室・料金などをご紹介していきました。

    4隻のフェリーが1日2便で運航しており、利用すると片道約12時間30分~40分ほど船内で過ごすことになります。

    このとき、部屋以外では展望浴室で疲れを癒したり、レストランで食事を楽しむなどをすることができます。

    また、プロムナードや展望ラウンジで景色を眺めるのも良いですね。

    もし、大阪南港~新門司港の区間を移動する場合は、名門大洋フェリーを利用してみていかがでしょうか。

    私も久しく利用していなかったので、機会があれば「きょうと/ふくおか」に乗船してみようと思います。

    なお、以下のURLから名門大洋フェリーの公式サイトへ移動できるので、興味のある場合は確認をしてみてください。

    ■名門大洋フェリー 公式サイト「https://www.cityline.co.jp/

    それでは、今回はこれで以上です。

    あわせて読みたい
    【クルーズ船・フェリー】船旅の予約ができる旅行代理店 どうも、音無です。 クルーズ船やフェリーに乗船しての船旅。 優雅なひと時を海の上で満喫できることから、船旅による旅行はとても人気があります。 しかし、クルーズ船...
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる