FX初心者でも使いやすいインジケーターの種類を解説

    どうも、音無です。

    FX取引をするとき、相場の流れを分析するためにインジケーターを使うトレーダーはとてもたくさんいます。

    チャート上にインジケーターを表示させることで、相場や値動きの流れをより詳しく分析することができるからですね。

    もちろん私もインジケーターを活用していますよ。

    ですが、FX初心者の場合は「どのインジケーターを使えばいいの?」と悩まれることもしばしば…。

    確かに、インジケーターの種類はたくさんあるので、悩まれても仕方がないです。

    そこで今回は、FX初心者でも使いやすいインジケーターの種類をご紹介していきます。

    相場分析に役立ちますので、ぜひチェックしてみてください。

    目次

    インジケーターには2つの種類がある

    FXにおけるインジケーターについて簡単にご説明すると、チャート上に表示させることで相場の流れを分析することのできるサポートツールのことを指します。

    具体的には、買い時や売り時の分析に活用できるサポートツールなのですが、実のことろインジケーターにも「トレンド系」と「オシレーター系」の2種類があるんです。

    まず、トレンド系インジケーターは「トレンドの方向性」を分析するときに役立ちます。

    例えば、「まだ上昇トレンドが続きそう」「今は下落トレンドにある」などの判断がしやすくなります。

    一方、オシレーター系インジケーターは、「買われすぎ・売られすぎ」を判断するためのサポートツールですね。

    「明らかに買われすぎだから、そろそろ下落しそう」「まだ上昇する余地はある」などを分析することができます。

    なお、トレンド系とオシレーター系のインジケーターはそれぞれを組み合わせて使うことで、より精度の高い分析や予想をすることができるようになりますよ。

    FX初心者でも使いやすいトレンド系のインジケーター

    上記では、2種類のインジケーターについて解説しましたが、ここからはFX初心者でも使いやすいインジケーターについてご紹介をしていきます。

    まずはトレンド系のインジケーターからです。

    移動平均線

    移動平均線は、一定期間における平均値を表したトレンド系インジケーターです。

    簡単に相場状況やトレンド方向を認識することができるので、世界的にも愛用者が多いインジケーターですね。

    なお、移動平均線には「単純移動平均線(SMA)」「加重移動平均線(WMA)」「指数平滑移動平均線(EMA)」の3種類あるのですが、基本的には単純移動平均線を使うFXトレーダーが多いですよ。

    このとき、選んだ移動平均線を短期、中期、長期の期間に分けて表示させます。

    それぞれ表示させる期間はトレーダーによって異なるのですが、一般的に下記のような期間がよく使われている傾向にあります。

    移動平均線期間
    短期5、10、13、20、21
    中期50、75、90
    長期100、200

    移動平均線はトレンド方向を把握するだけでなく、短期と長期の線が重なった時に売買を行う「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」の手法があるので、うまく活用するとFX初心者でも大きな利益を狙うことが可能です。

    あわせて読みたい
    FX初心者が知る基本的な移動平均線の使い方 どうも、音無です。 FXで取引をするとき、チャート上に移動平均線を表示して相場の動きを分析するFXトレーダーはたくさんいます。 チャート上に表示することで簡単に値...

    ボリンジャーバンド

    ボリンジャーバンドは、移動平均線に標準偏差を取り入れたインジケーターです。

    簡単にご説明すると、相場の勢いや反転する可能性を分析するために使われるものですね。

    上下3本のバンド内に収まる確率をもとに順張り、あるいは逆張りでエントリーするために使われたりもしますよ。

    具体的に、ボリンジャーバンドの標準偏差は±1σ、±2σ、±3σなのですが、このバンド内にレートが収まる確率はおおよそ以下の通りです。

    • ±1σ=約68.3%
    • ±2σ=約95.4%
    • ±3σ=約99.7%

    上記の確立をもとに、「+2σの価格で売りエントリーをする」「-3σの価格で買いエントリーをする」などを判断したりします。

    一目均衡表

    一目均衡表は、「相場は買い手と売り手の均衡が崩れた方向に動く」との考えをもとに作られたインジケーターです。

    一目均衡表は日本人によって開発されたもので、「現在より先の相場が見える」と言われているインジケーターなんですよ。

    何でも、価格よりも「時間」の概念を重視して作られていることから、現在より先の相場が見えるインジケーターと言われているようです。

    なお、一目均衡表は雲が厚いほど支持帯や抵抗帯として強く働き、反対に雲が薄いと相場が反転しやすい傾向にあります。

    視覚を通して相場の流れを把握しやすいことから、FX初心者の方でも活用しやすいインジケーターですね。

    FX初心者でも使いやすいオシレーター系のインジケーター

    続いて、FX初心者でも使いやすいオシレーター系のインジケーターをご紹介していきます。

    MACD

    MACDは、指数平滑移動平均線(EMA)を用いたインジケーターですね。

    使い方としては、中心となる0より下でシグナル線が下から上へ突き抜けたときに「買い」、0より上でシグナル線が上から下へ突き抜けたときに「売り」で売買することができます。

    ただ、シグナル同士がもみ合っているときはMACDが機能しないため活用はしにくいです。

    また、必ずシグナル線が突き抜けたらその方向へ価格が推移するとも限らないので、よく判断して活用する必要があります。

    RSI

    RSIはオシレーター系の代表的な指標で、相対力指数と言われるものです。

    要約すると、「買われすぎ」と「売られすぎ」をパーセンテージで示されるオシレーターですね。

    使い方としては、RSIが70%以上で反転したときに売り、30%以下で反転したときに買いのサインとして判断し、売買で活用されていますよ。

    ただし、もみ合い相場や急激に価格が動いたときは、思惑とは逆方向へトレンドが形成されることもあります。

    そのため、使い方には注意が必要です。

    ストキャスティクス

    ストキャスティクスもRSIとほぼ同じで、「買われすぎ」と「売られすぎ」を示すインジケーターです。

    例えば、ストキャスティクスが80%以上で%Kが%Dを上から下へ突き抜けたときが売り。

    30%以下で%Kが%Dを下から上へ突き抜けたときは買いのサインとして判断できることから、ストキャスティクスを活用するFXトレーダーは意外と多いですよ。

    思惑通りに相場が動かないこともありますが、FX初心者でも売買する判断材料の一つとして使いやすいインジケーターと言えます。

    FX初心者がやりがちな誤ったインジケーターの使い方

    上述では、FX初心者でも使いやすいオシレーターをご紹介してきましたが、このとき注意をすることがあります。

    それは、インジケーターを表示させすぎないことです。

    私もかつてそうでしたが、FX初心者の中には使いやすい、あるいはおすすめされたインジケーターをすべてチャート上に表示させて取引する人が意外と少なくありません。

    ただ、インジケーターを増やしすぎると、どれを基準に判断して取引すれば良いのかの判断がしづらくなります。

    何より、チャート画面がオシレーターで埋め尽くされて正直取引できないですね…。

    なので、トレンド系とオシレーター系を組み合わせて活用するにしても、必要以上に使わないことが大切です。

    例えば、移動平均線とMACDを活用する、あるいはボリンジャーバンドとRSIを組み合わせているトレーダーは多いですよ。

    中には移動平均線だけであったり、MACDとRSIを組み合わせて取引しているトレーダーもいます。

    トレードスタイルや考え方によってオシレーターの組み合わせも大きく異なるのですが、重要なことはオシレーターを表示させすぎないことです。

    FX初心者でも使いやすいインジケーターのまとめ

    今回は、FX初心者でも使いやすいインジケーターの種類をご紹介してきました。

    移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、MACD、RSI、ストキャスティクスなど、どれもFX初心者には使いやすいインジケーターと言えます。

    ただし、どれだけ使いやすいインジケーターであっても、あれもこれもと表示させては相場分析がしづらく取引もうまくできません。

    なので、少なくともトレンド系とオシレーター系の中から1つを選んで組み合わせて使うと、相場分析において大きな役割を果たしてくれるはずです。

    そこで、ぜひ本記事を参考に、あなたに合う組み合わせを見つけて取引をしてみてください。

    それでは、今回はこれで以上です。

    あわせて読みたい
    初心者にも人気ある海外のFX口座XM情報【特徴を解説】 どうも、音無です。 近年、FXを始める人が増えているようですが、実際に取引をするためにはFX口座を開設しなければいけません。 このとき、国内のFX会社から選ぶ人もい...
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる