青森~函館を結ぶ津軽海峡フェリーの料金・船内情報まとめ!

    どうも、音無です。

    北海道の函館あるいは青森県に旅行で訪れた際、津軽海峡フェリーを利用してお互いの地域を移動する人は結構多いようです。

    新幹線や飛行機を利用すれば問題なく移動はできるのですが、それ以外の方法ではフェリーに乗るしか移動手段がありませんもんね。

    このとき、「青函トンネルは通れないの?」と思われる人もいるのですが、残念ながら徒歩・車・バイクなどでは通れないんです。

    まぁ、私も昔は通れるとばかり思っていたんですけどね…

    何でも車やバイクが事故により火災が発生すると、トンネルの構造上、換気や避難が困難であることから通れないそうです。

    ちなみに、青函トンネルは全長53.85kmありますよ。

    これは確かに距離がありすぎなので、新幹線以外は通れないのも頷けますね。

    そのため旅行者だけではなく、地元の人も津軽海峡フェリーを利用して青森~函館間を移動しているそうです。

    そこで今回ですが、青森~函館を結ぶ津軽海峡フェリーの乗船料金や船内情報をご紹介していきたいと思います。

    現地へ訪れた際に利用する機会があるかもしれませんので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

    目次

    青森~函館を結ぶ津軽海峡フェリーの船舶情報

    津軽海峡フェリーですが、4隻のフェリーで青森~函館間を航行しています。

    具体的にはブルールミナス、ブルーハピネス、ブルードルフィン、ブルーマーメイドのフェリーが航行しているのですが、それぞれのスペックを以下でまとめてみました。

    ちなみに、どのフェリーもスペックはほぼ同じですよ。

    船名ブルールミナス/ブルーハピネス
    ブルードルフィン/ブルーマーメイド
    船籍日本
    運航会社津軽海峡フェリー
    就航年月ブルールミナス:2020年6月9日
    ブルーハピネス:2017年3月11日
    ブルードルフィン:2016年10月11日
    ブルーマーメイド:2014年4月16日
    航路青森~函館(北海道)
    所要時間約3時間40分
    総トン数ブルールミナス:8,828トン
    ブルーハピネス:8,851トン
    ブルードルフィン:8,850トン
    ブルーマーメイド:8,820トン
    全長約144m
    全幅約23m
    航海速力約20ノット(約37km/h)
    乗客定員583名
    客室数
    積載能力トラック 71台、又は乗用車 230台

    【大函丸】

    ちなみに、津軽海峡フェリーは青森~函館の航路とは別に、大間(青森県)~函館を結ぶ航路にもフェリーを運航させています。

    船舶名は大函丸(だいかんまる)で、こちらは約90分かけて大間~函館間を航行しているそうです。

    船名大函丸(だいかんまる)
    船籍日本
    運航会社津軽海峡フェリー
    就航年月2013年4月18日
    航路大間(青森県)~函館(北海道)
    所要時間約90分
    総トン数1,912トン
    全長約91m
    航海速力約18ノット(約33.3km/h)
    乗客定員478名
    客室数
    積載能力トラック 21台、又は乗用車 60台

    デッキプラン

    青森~函館間を航行するフェリー4隻の船内見取り図になります。

    船内のデザインは多少異なるのですが、同型船なので船室や施設の場所は同じようです。

    青森~函館を運航する津軽海峡フェリーの船室情報

    船室タイプ
    ファミリールーム
    レディースルーム
    ビューシート
    スタンダード
    コンフォート
    プライベート ドッグルーム
    スイート

    青森~函館間を航行するブルールミナス、ブルーハピネス、ブルードルフィン、ブルーマーメイドのフェリー4隻ですが、7つのタイプの船室が船内に設けられています。

    ちなみに、フェリーによって船室のデザインが多少違うだけで作りは同じですよ。

    そこで、ブルーハピネスの客室を代表して簡単にご紹介していきます。

    ファミリールーム

    小学生以下の幼児と同伴の方が利用できる、ファミリールームの船室です。

    小さな子どものいるご家庭の方が利用する部屋なので、初対面の人とでも自然と会話が弾みそうですよね。

    幼児と一緒に津軽海峡フェリーを利用するのであれば、おすすめできるお部屋です。

    なお、ファミリールームは「スタンダード料金」で利用できますよ。

    レディースルーム

    女性のみが利用できるレディースルームですね。

    女性専用の部屋なので、一人で利用する際にも安心です。

    なお、「スタンダード料金」でレディースルームを利用できます。

    ビューシート

    リクライニングシートが設置されたビューシートの客室です。

    進行方向に向けてリクライニングシートが設置されているので、海を眺めながら船旅を満喫することができますよ。

    一人旅にはもってこいの船室タイプですね。

    座席数42席

    スタンダード

    誰でも利用可能なスタンダードの客室です。

    大部屋なので、団体での旅行や家族で乗船する場合に利用しやすい部屋ですね。

    バリアフリー対応の部屋もあるようなので、車いすでも快適に利用できますよ。

    部屋タイプ大部屋
    定員・部屋数26名×2室、24名×12室
    22名×1室、18名×1室

    コンフォート

    家族や友人との旅行で利用しやすいコンフォート部屋です。

    個室なので人目を気にする必要もなく、安心して船旅を楽しむことができますよ。

    なお、室内にはマットレスがあるので横になることも可能です。

    部屋タイプ洋室
    定員・部屋数4名×7室

    プライベート ドッグルーム

    津軽海峡フェリーが所有する青森~函館間を航行するフェリー4隻ですが、犬も一緒に室内で過ごせるタイプの部屋が設けられています。

    犬と一緒に船内で過ごしたい方にはありがたいですね。

    部屋タイププライベート ドッグルーム/個室
    対象※小・中・大型犬
    受入数1室あたり2匹まで
    部屋数2室
    設備空気清浄機、洗面台、テレビ、クローゼット
    2掛けソファー、ペットシーツ2枚

    ※幅52㎝×奥行80㎝×高さ60㎝のケージまたは犬用カートを入り、体重30kgまでの犬

    ちなみに、小・中型犬のみ対応しているドッグルームも船内に設けられています。

    1匹あたり1区画を利用できるので、安心して預けることができますね。

    なお、ドッグルームからドッグバルコニーへ移動できるので、自由に遊ばせることができますよ。

    部屋タイプドッグルーム
    対象小・中型犬※体重20㎏までの犬
    受入数ブルールミナス:12匹
    ブルーハピネス:10匹
    ブルードルフィン:10匹
    ブルーマーメイド:16匹
    部屋数各フェリーに1室
    設備空気清浄機、洗面台、テレビ、椅子、ベンチ
    ペットシーツ1枚、収容ケージ

    ※ペットシーツは持参のバッグ・キャリー、又は収容ケージに敷いて利用。

    ※設備はフェリーによって異なる。

    スイート

    青森~函館間を航行する津軽海峡フェリー4隻で、一番豪華なスイートの部屋になります。

    流石スイートの部屋だけあって、室内には快適に眠ることのできるベッドが2台完備されていますよ。

    窓際には机とイスも設置されているので、お茶を楽しみながら海の景色を眺めることもできますね。

    あと、スイートにはバス・トイレもあるとのこと。

    これだけ室内の設備が充実していると、ゆったりくつろげること間違いなさそうです。

    恋人や夫婦で旅行する際に利用してみてはいかがでしょうか。

    部屋タイプ洋室
    定員・部屋数2名×7室

    津軽海峡フェリーの船内施設

    【ショップ】

    津軽海峡フェリーに乗船して青森~函館間を移動するには、約3時間40分かかるようです。

    そうなると、何もしなければ船内で暇を持て余す可能性も否定できません。

    なので、せっかくフェリーに乗船しているからには船内施設を回ったり利用してみることがおすすめです。

    ただ、どのような施設があるのかわからないかもしれないので、一通りご紹介していきますよ!

    まずはショップからです。

    ショップには青森や北海道ならではのお土産や、津軽海峡フェリーオリジナルグッズを販売しているようです。

    旅の思い出となる商品を購入できることもあるので、ぜひ寄ってみるべきですね。

    【オートショップ】

    食事をしたいときや飲料水を購入したいときには、オートショップを利用するとさまざまな商品を提供してくれますよ。

    レストランではないのですが、自販機にカップ麺や電子レンジで温める弁当が販売されています。

    なので、船内でお腹がすいても食事に困ることはないですね。

    私はフェリーに乗るとほぼ毎回こうした自販機コーナーを利用するのですが、個人的に船内で食べるカップ麺が最高です。

    窓越しに海を眺めつつカップ麺を食べる。

    ある意味贅沢なひと時です。

    【プロムナード】

    デッキに出て海風にあたりながら海を一望するのもいいのですが、プロムナードを利用すれば船内からでも海の景色を楽しむことができます。

    机と椅子があるので、ゆっくりくつろぎながら景色を楽しみたい場合におすすめなエリアですね。

    その他の船内施設

    他にも楽しめる施設や利用する可能性のある施設が船内にありますので、以下で簡単にご紹介していきます。

    エントランスは広々としていて、椅子や机もあるのでくつろぐこともできます。

    近くには案内所もあるので、不明点があれば尋ねることも可能です。

    体の不自由な方や車いすの方でも安心して利用できる、バリアフリータイプのトイレがエントランス近くに設けられています。

    中は広々としているので安心して利用できますよ。

    ちなみに、船内には救急室も備えられているそうです。

    通常時には利用できないのですが、どうも「災害時多目的船」としての機能があるとのことで、救急室を設けているとのこと。

    有事にも対応できるフェリーと言うことですね。

    小さな子どもが遊ぶことのできるキッズルーム。

    そして、赤ちゃんのオムツを替えるときに利用できる部屋が設けられています。

    赤ちゃんや小さな子どもがいる場合には助かりますね。

    船内にはゲームコーナーがあるので、ゲームが好きな人は利用することで楽しめると思います。

    あと、誰でも利用可能なシャワールームが完備されているので、簡単に汗を流すこともできますよ。

    ただし、タオルは自分で用意するかショップで購入する必要があるのでそこだけは注意です。

    備品ボディーソープ、シャンプー、リンス
    ショップフェイスタオル:1枚110円
    バスタオル:1枚600円

    青森~函館を運航する津軽海峡フェリーへの乗船料金

    青森~函館を結ぶ津軽海峡フェリーを利用するとき、乗船料金はどれくらいするのでしょうか。

    これは気になるところですよね。

    乗船料金は「燃料油価格」「繁忙期」「季節」などで大きく異なるのですが、大体の目安を以下にまとめましたので、ぜひご参考にしてください。

    旅客運賃(片道)

    まずは通常の旅客運賃からですね。

    上記でご説明した通りで、「燃料油価格」「繁忙期」「季節」によって乗船運賃は大きく異なるので注意です!

    なお、小児は大人運賃の半額ですよ。
    ※10円未満の端数は四捨五入

    等級大人料金
    12歳以上
    スイート5,030円~7,230円
    コンフォート3,350円~4,820円
    ビューシート2,800円~4,030円
    スタンダード2,260円~3,250円

    ※ファミリールーム・レディースルームはスタンダードの運賃です。

    区分等級料金
    ドライバー差額スイート2,770円~3,980円
    同上コンフォート1,090円~1,570円
    同上ビューシート540円~780円
    学生割引スタンダード2,040円~2,930円

    ※自動車の運転者1名は車両運賃でスタンダードの乗船が可能。

    ※ドライバー差額:スタンダード以外で申し込んだ場合に必要となる追加代金。

    車両運賃「小型車」(片道)

    車両運賃ですが、運転手1名分のスタンダード料金が含まれています。

    ただ、同乗者については別で旅客運賃が人数分必要です。

    区分運賃
    軽自動車13,400円~19,270円
    6m未満16,760円~24,100円

    【車長が6m以上の自動車】

    6m以上 7m未満30,550円~34,830円
    7m以上 8m未満34,800円~39,670円
    8m以上 9m未満39,180円~44,670円
    9m以上 10m未満45,800円~52,210円
    10m以上 11m未満50,410円~57,470円
    11m以上 12m未満55,000円~62,700円
    12m以上 13m未満60,980円~69,520円
    13m以上 14m未満66,960円~76,330円
    14m以上 15m未満72,940円~83,150円
    15m以上 16m未満78,920円~89,970円

    特殊手荷物運賃(片道)

    自転車やバイクなどの1台分の運賃が下記のようになります。

    なお、旅客運賃は別途必要なのでそこは注意です!

    区分運賃
    自転車1,250円~1,800円
    原動機付自転車
    125㏄以下
    1,810円~2,600円
    バイク
    750㏄未満
    2,710円~3,900円
    バイク
    750㏄以上
    3,620円~5,200円
    サイドカー
    トライク
    6,700円~9,630円

    その他の運賃(片道)

    受託手荷物
    30kg以下
    620円
    小荷物
    10kg以下
    520円
    小荷物
    10kg超20kg以下
    620円
    小荷物
    20kg超30kg以下
    720円

    ※受託手荷物の大きさ:3辺の長さの和が2m以下かつ30kg以下のもの。

    ※小荷物:3辺の長さの和が2m以下かつ30kg以下の物品のみ。
    1回につき5個まで。

    ドッグルーム利用料金(片道)

    ドッグルームを利用したい場合には、それぞれ下記の料金が必要となります。

    なお、ドッグルーム、プライベート ドッグルームを利用する場合ですが、別途車両・旅客運賃が発生するので注意です。

    ドッグルーム1,040円
    プライベート ドッグルーム12,570円

    ちなみに、犬以外のペットは船内に連れて入れないようです。

    犬以外を連れて徒歩による乗船はできないので注意ですね。

    ただ、自動車で乗船する場合に限り、津軽海峡フェリーが定める申請書にて手続することで、車内残留による乗船はできるようですよ。

    津軽海峡フェリーターミナル乗り場と運航ダイヤ

    津軽海峡フェリーに乗船して青森~函館間を移動したいとき、乗り場となるフェリーターミナルへ行かないといけないですよね。

    ただ、「どこにフェリーターミナルがあるの?」と悩む人がいるかもしれませんので、函館・青森とついでに大間フェリーターミナルの住所を以下でまとめました。

    徒歩でのアクセスと運航ダイヤもご紹介していますので、参考にしてみてください。

    運航ダイヤ

    函館から青森へ、青森から函館への運航ダイヤは下記のようになります。

    なお、窓口の受付開始時間は出航時刻の約90分前なので乗り遅れないように注意です!

    【函館 発⇒青森 着】

    便フェリー函館 発青森 着
    2ブルードルフィン0:304:10
    4ブルールミナス3:106:50
    8ブルーマーメイド7:4011:20
    14ブルーハピネス12:0015:40
    16ブルードルフィン14:1017:50
    18ブルールミナス17:3021:10
    22ブルーマーメイド20:1524:00
    24ブルーハピネス22:05翌1:45

    【青森 発⇒函館 着】

    便フェリー函館 発青森 着
    3ブルーマーメイド2:406:20
    5ブルーハピネス5:209:00
    7ブルードルフィン7:4011:20
    11ブルールミナス10:0013:40
    13ブルーマーメイド14:2018:00
    17ブルーハピネス17:0520:45
    19ブルードルフィン19:1022:50
    23ブルールミナス22:25翌2:05

    函館フェリーターミナル

    住所〒041-0821
    北海道函館市港町3丁目19番2号
    電話番号0138-43-4545

    函館フェリーターミナルへは「JR函館駅」を基準にすると、タクシーあるい函館帝産バスのシャトルバスを利用すると向かうことができます。

    タクシーであれば約20分、シャトルバスでは約30分ほどで、函館フェリーターミナルへたどり着くことができますよ。

    青森フェリーターミナル

    住所〒038-0002
    青森県青森市沖館2丁目1号
    電話番号017-766-4733

    青森フェリーターミナルへは「JR青森駅」から向かうことができます。

    最も簡単な方法はタクシーを利用することで、JR青森駅の西口から約15分ほどで青森フェリーターミナルに着きますよ。

    あと、JR青森駅の東口にある路線バスに乗り、「フェリーターミナル」で降りても行けるようです。

    大間フェリーターミナル(大間~函館)

    住所〒039-4601
    青森県下北郡大間町
    大字大間字根田内10番地
    電話番号0175-37-3111

    大間~函館間も津軽海峡フェリーが運航しているのですが、大間フェリーターミナルまで結構距離がありますね。

    こちらは青森~函館経由のフェリー乗り場ではないので、参考程度にどうぞです。

    まずJR大湊線「下北駅」にて下車後、下北交通のバスに乗って「フェリー乗り場前」で降ります。

    下北交通バスのむつ・佐井線(佐井~むつ方面行き)経由となるので、「下北駅」のバス停から乗って「フェリー乗り場前」で降りるとすぐ大間フェリーターミナルへ着きますよ。

    ちなみに、バスでの所要時間は2時間ほどかかるそうです。

    青森~函館間の移動は津軽海峡フェリーの利用で快適な船旅ができる

    青森あるいは函館へ向けて旅行をするとき、お互いの地域を移動するには徒歩や車などで行き来することができません。

    このとき、新幹線や飛行機などを利用する方法もあるのですが、青森~函館を結ぶ津軽海峡フェリーを利用しても行き来することができます。

    徒歩はもちろんのこと、車やバイクでも津軽海峡フェリーであれば乗船可能です。

    片道3時間40分はかかりますが、デッキから海を眺めたり船内施設を利用すると、あっという間に目的地に到着しますよ。

    なので、もし北海道や青森へ旅行する機会がある場合は、津軽海峡フェリーを利用してみてはいかがでしょうか。

    きっと楽しい船旅を楽しむことができますよ。

    それでは、今回はこれで以上です。

    あわせて読みたい
    【クルーズ船・フェリー】船旅の予約ができる旅行代理店 どうも、音無です。 クルーズ船やフェリーに乗船しての船旅。 優雅なひと時を海の上で満喫できることから、船旅による旅行はとても人気があります。 しかし、クルーズ船...
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる