クルーズも楽しめる24時間運航の桜島フェリー情報

    どうも、音無です。

    鹿児島県に桜島と呼ばれる島があるのをご存じですか?

    稀にニュースで「桜島が噴火しました」など報道されることがあるので、もしかすると名前だけは知っているかもしれませんね。

    桜島は錦江湾に浮かぶ島で、鹿児島のシンボルと言われているんです。

    私は最近ご無沙汰ですが、昔は桜島へ行って観光やら先祖のお墓参りをしていました。

    この桜島なんですが、桜島フェリー所有の船が毎日24時間、鹿児島港と桜島港を約15分~20分かけて運航しているんですよ。

    その他、定期的にイベントや桜島と錦江湾を楽しめる、「よりみちクルーズ」が運航しています。

    そこで今回は、クルーズも楽しめる24時間運航の桜島フェリー情報をご紹介していきたいと思います。

    目次

    24時間運航の各桜島フェリーを紹介

    鹿児島港と桜島港を24時間、毎日桜島フェリーが運航をしているわけですが、フェリーによって構造や船内設備が若干異なります。

    このとき、どのようなフェリーが運航しているのかをご紹介していきますよ。

    第二桜島丸(サクラフェアリー)

    船名第二桜島丸
    (サクラフェアリー)
    船舶の種類汽船
    船舶所有者鹿児島市
    就航年月2014年4月
    総トン数1,404トン
    全長59m
    全幅13.50m
    喫水3.1m
    航海速力11ノット
    乗客定員600名
    乗組員14名
    積載能力大型車両:10台
    乗用車:30台

    【船内設備】

    • スカイデッキ
    • 展望室
    • シルバー室
    • 授乳室
    • エレベーター
    • バリアフリー

    桜島丸(サクラエンジェル)

    船名桜島丸
    (サクラエンジェル)
    船舶の種類汽船
    船舶所有者鹿児島市
    就航年月2011年4月
    総トン数1,330トン
    全長57.36m
    全幅13.50m
    喫水3.1m
    航海速力11ノット
    乗客定員657名
    乗組員16名
    積載能力大型車両:9台
    乗用車:32台

    【船内設備】

    • スカイデッキ
    • 展望室
    • シルバー室
    • 授乳室
    • エレベーター
    • バリアフリー船

    第十八櫻島丸(プリンセンスマリン)

    船名第十八櫻島丸
    (プリンセンスマリン)
    船舶の種類汽船
    船舶所有者鹿児島市
    就航年月2003年2月
    総トン数1,279トン
    全長56.1m
    全幅13.50m
    喫水2.8m
    航海速力10.8ノット
    乗客定員674名
    乗組員14名
    積載能力大型車両:10台
    乗用車:32台

    【船内設備】

    • スカイデッキ
    • 展望室
    • 喫茶コーナー
    • シルバー室
    • 授乳室
    • エレベーター
    • バリアフリー船

    第十六櫻島丸(ドルフィンライナー)

    船名第十六櫻島丸
    (ドルフィンライナー)
    船舶の種類汽船
    船舶所有者鹿児島市
    就航年月1999年1月
    総トン数997トン
    全長54.02m
    全幅13.40m
    喫水2.8m
    航海速力10.5ノット
    乗客定員736名
    乗組員14名
    積載能力大型車両:10台
    乗用車:32台

    【船内設備】

    • スカイデッキ
    • シルバー室
    • 授乳室

    第十五櫻島丸(チェリークイーン)

    船名第十五櫻島丸
    (チェリークイーン)
    船舶の種類汽船
    船舶所有者鹿児島市
    就航年月1995年1月
    総トン数1,134トン
    全長56.10m
    全幅13.50m
    喫水2.8m
    航海速力11ノット
    乗客定員738名
    乗組員12名
    積載能力大型車両:10台
    乗用車:36台

    【船内設備】

    • スカイデッキ
    • シルバー室
    • 授乳室

    桜島フェリー乗り場

    24時間運航をしている桜島フェリーへの乗り場ですが、鹿児島側であれば「鹿児島港フェリーターミナル」から、桜島側であれば「桜島港フェリーターミナル」より運航しています。

    住所とグーグルマップを以下でご紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

    鹿児島港フェリーターミナル

    住所〒892-0814
    鹿児島県鹿児島市本港新町4-1
    電話番号099-223-7271
    駐車場なし(周辺に有料駐車場はあり)
    自動車で乗船可能

    桜島港フェリーターミナル

    住所〒891-1419
    鹿児島県鹿児島市桜島横山町61-4
    電話番号099-293-2525
    駐車場有(358台・有料)
    自動車で乗船可能

    桜島フェリーへの乗船料金とダイヤ時刻表

    桜島フェリーへの乗船料金ですが、小学校へ就学していない小児は同伴する大人一人につき、一人に限り無料となるようです。

    なお、乗船料金については、「普通運賃」「自動車航送運賃」「自転車・バイク運賃」を回数券付きで以下にまとめました。

    普通旅客料金回数券36枚
    大人200円6,000円
    小児
    1歳~小学生
    100円3,000円
    障害者など
    手帳掲示必要
    大人:100円
    小児:50円
    大人:3000円
    小児:なし
    自動車料金回数券
    6枚
    回数券
    42枚
    車長3m未満1,070円5,350円なし
    車長3m以上4m未1,400円7,000円42,000円
    車長4m以上5m未満1,950円9,750円58,500円
    車長5m以上6m未満2,390円11,950円なし
    車長6m以上7m未満2,670円13,350円なし
    車長7m以上8m未満3,540円17,700円なし
    車長8m以上9m未満4,490円22,450円なし
    車長9m以上10m未満5,480円27,400円なし
    車長10m以上11m未満6,480円32,400円なし
    車長11m以上12m未満7,430円37,150円なし
    車長が1m増すごとに860円なしなし
    種類料金回数券
    11枚
    回数券
    36枚
    回数券
    50枚
    自転車130円なしなし3,900円
    原動機付自転車270円2,700円8,100円なし
    二輪自動車
    125㏄超750㏄未満
    400円4,000円12,000円なし
    二輪自動車
    750㏄以上
    530円5,300円15,900円なし

    桜島フェリーは24時間運航していますが、時間帯によっては1時間に1便しか運航していません。

    なので、事前にどの時間帯ならスムーズに乗船できるのかを確認しておくことが大事ですね。

    なお、桜島フェリーの運航状況については時刻表で確認できます。

    ペットの乗船も可能

    ちなみに、桜島フェリーでは船内にペットを連れていくことも可能なようです。

    ただし、以下の点に注意をしておく必要があります。

    ○小型ペットの場合:抱いて船内へ連れ込む、あるいはケージやバッグに入れる。

    ○大型ペットの場合:リードを繋ぎ、可能な限り口輪を装着する。(客室内への出入りは禁止)

    桜島フェリーへ乗るなら売店・うどんコーナーもおすすめ

    桜島フェリーへ乗船して景色を眺めるのも良いですが、売店やうどんコーナーに行くのもおすすめです。

    例えば、売店では現地ならではのお土産やオリジナルグッズが販売されているので、良い記念品を購入することができますよ。

    あと、船内にはうどんコーナーも設置されているのですが、これがまた美味しいんですよ。

    ちなみに、運行時間は片道約15分ほどなのですが、スムーズに下船できるように注文から30秒くらいで提供してもらえます。

    ちなみに、私は鹿児島名物のさつま揚げがのった「かけうどん」をかつて食べました。

    さつま揚げやうどんはさることながら、出汁が美味しかったのを記憶しています。

    全船でうどんコーナーはあるので、桜島フェリーを利用する際にはぜひ食べてみてください。

    桜島フェリーはクルーズも楽しめる

    基本的に桜島フェリーは、鹿児島市あるいは桜島へ移動したいときに利用することになります。

    このとき、桜島フェリーでは鹿児島港と桜島港を結ぶ定期航路だけでなく、実は観光を目的としたイベントによる運航もしているんですよ。

    例えば、約1時間ほどかけて運航する「よりみちクルーズ」がその一つですね。

    桜島と錦江湾の魅力を楽しめるプチクルーズで、一日1便で毎日運航しています。

    ちなみに、錦江湾には野生のイルカが生息しているようで、運が良ければ出会えることもあるとのこと。

    私は定期航路でしか利用したことがないのでイルカに出会ったことはありませんが、よりみちクルーズで桜島フェリーに乗船すると出会えるかもしれませんよ。

    桜島を訪れる観光客に人気あるクルーズなので、機会があればぜひ利用してみてください。

    出航時刻大人運賃小児運賃
    11時10分
    (1日1便)
    600円300円

    ※大人一人につき小学校を未就学の小児一人は無料。

    桜島フェリーは移動手段として利用しつつクルーズも楽しめる

    桜島フェリーは鹿児島市や桜島へ行きたいとき、毎日24時間運航をしているのでいつでも利用することができます。

    このとき、移動手段として乗船できることはもちろんのこと、定期的にイベントやプチクルーズも行われているので、桜島や錦江湾を眺めつつ景色を楽しむことができますよ。

    なお、桜島には観光名所として「湯之平展望所」「月讀神社(つきよみ)」「桜島溶岩なぎさ公園」などがあります。

    さらに、長渕剛さんが2004年8月21日に開催したオールナイトコンサート跡地に、50トンもの桜島溶岩を使って製作された「叫びの肖像」のモニュメントがあるのでこちらも見ものです。

    こうした観光名所がたくさんあるので、桜島を観光する際には桜島フェリーを利用し、ぜひ旅行を楽しんでください。

    それでは、今回はこれで以上です。

    あわせて読みたい
    【クルーズ船・フェリー】船旅の予約ができる旅行代理店 どうも、音無です。 クルーズ船やフェリーに乗船しての船旅。 優雅なひと時を海の上で満喫できることから、船旅による旅行はとても人気があります。 しかし、クルーズ船...
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる